カブトガニ

みなさんは、本物のカブトガニを見たことはありますか?
若い方々は、カブトガニって何?って人もいるでしょう。

それは、わが故郷の愛媛県東予市(いまは西条市)にいます。

昔の記憶をたどって、まず旧東予市の中央公民館に。

e0197164_9145197.jpg館の職員さんに、今いる場所を
親切に教えてもらいました。
今も、ちゃんと
飼育しているとのことで、一安心。

20年以上前の記憶は、
少しぶれてしまっていましたが、
隣にある郷土館図書館
(西条市周布)にレッツゴー!

昔、何度も通った図書館なのに、
道のタイルにカブトガニがいたことを
知りませんでした。

e0197164_9175578.jpg
e0197164_918754.jpg

絶滅危惧種に指定されている、国の天然記念物です。
姿は、何ともグロテスクですが、あんまり動きません。

e0197164_9303179.jpg

これも、初めて気付いたのですが、
おしりの棒みたいなものを地面に押し付けて、
裏返った体を元通りにしようとしていました。
おそらく、手や足の代わりなんですね。

ただ、とろくさくて、ぜんぜん表に向けないので、
かわいそうなので表に向けてあげました。

e0197164_9302175.jpg

職員さんに訪ねたところ、寿命は20年ほどだそうで、
私が高校時代に見たカブトガニとは違うものだそうです。

今は、天然にはいないそうで、
人口孵化・飼育でいるものだけが、見られるそうです。
人工孵化させた小さいカブトガニを海に放す活動もされているそうです。

でも、何より今もいたことに、何となくホッとしました。

 りんりんでした。

by ehimeblog | 2010-04-26 13:00 | その他

<< 史跡庭園・庚申庵 道後の足湯(part6) >>