別子銅山跡トレッキング

前回、東予地方局から
「東洋のマチュピチュ」こと別子銅山産業遺跡(東平ゾーン)の紹介がありましたが、今回は同じ別子銅山跡を山の反対(南)側、
旧別子山村方面から登ってみました。

日浦登山口から登り始めて間もなく、城跡を思わせる石積みが次々と現れます。
写真右側の石積みは小学校跡。その向こうは劇場跡とのこと。
e0197164_22154547.jpg


e0197164_22195338.jpg


各所にこのような丁寧な説明板があり、往時を偲ばせます。





e0197164_22273123.jpg



右は要人が宿泊した接待館のレンガ塀。
十字に穴があいていて、かわいい装飾にみえます。



e0197164_22323046.jpg



ところどころに坑口があります。






2時間ほどで、峠となる銅山越に着きました。
西赤石山を望む景色です。
e0197164_22364256.jpg


今回、心を和ませてくれたのがアケボノツツジ(注)
e0197164_22475898.jpg


e0197164_22491950.jpg

5/3現在、中腹で満開

山頂ではまだツボミでした。

(注)
ご覧になられた方からご指摘をいただき、「ミツバツツジ」に訂正させていただきます。










 健さんのレポートでした。

by ehimeblog | 2010-05-06 10:45 | 東予地方の観光

<< しまなみ海道 今治風焼鳥丼 >>