いきもの便り ~ブラックバスを食べてみよう!~

みなさん、「ブラックバス」食べたことありますか?

ブラックバスは外来生物法で指定されているやっかいな外来魚です。
繁殖力が強く、しかも食欲旺盛で好き嫌いがないから、もとからいたフナやアユなどの魚だけでなく、甲殻類、水生昆虫まで被害を及ぼし、地域の生態系をおびやかしています
県内のため池や川にも広く定着しており、駆除が追いつかない状況です。

e0197164_8373522.jpg そんな状況を打破しようと、ナント、「ブラックバスを食べてみよう!」という催しがありました。
e0197164_8425864.jpg





6月27日(日)、県内で自然保護活動を行っている愛媛自然誌研究会の方々が集まって、西条市の黒瀬ダムでブラックバスを釣って、

e0197164_8471980.jpg

3枚におろして、



e0197164_8534939.jpg

            きざんで、

e0197164_8563053.jpg





竹に巻きつけて、

e0197164_984412.jpg

         こんがり焼いて、
e0197164_971217.jpg

竹輪にして、おいしくいただきました。
思ったよりイケる。エソの竹輪よりおいしい! そんな声もありました。

外来生物は、定着してしまうとその駆除には膨大な経費と労力が必要になります。
そうならないためにも、まず、皆さんで「入れない、捨てない、拡げない」の3原則を徹底
していただければと思います。

 
ちなみに、ブラックバスはオオクチバス属に含まれる8種(コクチバス、オオクチバスなど)の総称になります。

自然保護課 いきもの係からのお知らせでした。

e0197164_9103985.jpg

by ehimeblog | 2010-06-29 11:30 | その他

<< 大洲城 えひめ結婚支援センターって何? >>