湯築城(ゆづきじょう)跡

e0197164_9134184.jpg
道後温泉の近くにある
道後公園の西側の入り口を入って
右手にある湯築城資料館。

湯築城の歴史を学べます。
しかも無料で。



e0197164_9141034.jpg

湯築城は、14世紀前半に河野氏によって築かれました。

現在は、国指定史跡となっていて、外堀は、ほぼ昔のままの状態で残されていてます。
e0197164_9143452.jpg

内側には、家臣の屋敷があったそうで、その武家屋敷が復元されています。





e0197164_9304658.jpge0197164_9305676.jpg










戦国時代になると、長曽我部元親が進攻してきて、河野通直は長曽我部氏の軍門に降りました。


その後、湯築城は、豊臣秀吉の四国征伐で、小早川隆景に与えられ、その後、福島正則の居城となりましたが、府中城(今治市唐子山)へ居城を移したのに伴い、廃城となりました。

五大老の小早川隆景も賤ヶ岳七本槍の福島正則も一時ここにいたんですよ。
なんかゾクゾクしますね。

今は道後公園となり市民の憩いの場となっています。
道後温泉から歩いていけますので、ちょっとお散歩に来てください。

歴りんりんでした。

by ehimeblog | 2010-07-20 08:30 | 中予地方の観光

<< いきもの便り ~えひめの生き物... 森の交流センターから (サツキ... >>