森の交流センターから (サツキの剪定ボランティア)

 森の交流センターです。東温市田窪にあります。
 前の愛媛県緑化センターと言った方がピンと来る方も多いのではないでしょうか?今では森の交流センターが旧緑化センター跡地(正式名称は、愛媛県農林水産研究所林業研究センター東温研修地です。)を県民と森林とのふれあいフィールドとして開放しています。
 また、同施設の管理には、ボランティアの皆様からの協力もいただいています。
 今回は、えひめ緑サポータークラブのボランティア活動の様子をご紹介します。

 えひめ緑サポータークラブとは、緑サポーター養成研修修了者の集まりで、緑を守り育てる活動、緑の保全に関する相談・指導等の活動を行っている団体です。

 今回の活動内容は、サツキの剪定です。サツキの剪定時期は、来年の花芽が出る前で、花が散るとすぐに行わなければなりません。ちなみにサツキとは、ツツジのなかまで、花が5月(皐月)に咲くことが名前の由来となっています。
 当日は、梅雨の合間の晴れ間で酷暑の中でしたが、25名の方に参加をいただきました。

e0197164_11434137.jpg


e0197164_1144157.jpg剪定ばさみを使って刈り込んでいます。



e0197164_11443196.jpgヘッジトリマー(庭木用のバリカン?)を使って刈り込んでいます。

 

 森の交流センターのボランティアは、誰でも参加いただけます。毎月第3日曜日を園内ボランティアの日としており、皆様のご参加をお待ちしています。
 これからもボランティアの実施状況や旬の木・花などを紹介していきますので楽しみにしていてください。
 森の交流センターでした。

by ehimeblog | 2010-07-17 11:58 | その他

<< 湯築城(ゆづきじょう)跡 おすすめ愛媛のお魚レシピ~その5~ >>