海辺のいきもの観察会 in四国中央市

e0197164_1693121.jpg
9月5日(日) 四国中央市土居町の蕪崎海岸(かぶらさきかいがん)で「海辺のいきもの観察会」が開催されました。
モデル地区を設定し、地域での自然環境に対する機運を盛り上げようとして行っています。
東予地方局のオリジナル事業です。

潮が引いて広大な干潟が広がっています。

今回の講師 山本貴仁さんです。
西条市の「石鎚ふれあいの里」を拠点に「西条自然学校」を主宰し、石鎚山系エコツーリズムのガイドとして活躍中です。
愛媛で「自然」を職業に生きているだけあって知識が豊富で分りやすい説明でした。
e0197164_169143.jpg

「アカニシ」の小さいものを見つけました。
成長すると15センチくらいになる貝です。

e0197164_16101847.jpgこちらの親子は、アミ2個と熊手1個持参で真剣に生き物を探しています。

この日は猛暑でしたので、干潟の水たまりはぬるま湯程度の温度でした。
海の生き物って、冷たい水でしか生きられないと思ってましたが、干潟にいたエビ、カニ、魚、ヤドカリはみんな元気です。

生き物は住む環境に対応するっていうことがよく分りました。

e0197164_16112677.jpg
講師の説明を真剣に聞く子どもたち
自分が捕まえた魚(イソギンポ)の名前を教えてもらって喜んでいました。


e0197164_16123350.jpg
最後に
干潟をバックに記念撮影









次回は、10月31日(日)に開催します。
3回目は、12月11日(日)です。
興味のある方は、是非ご連絡ください。

東予地方局 総務県民課でした。
0897-56-1300(内線208)

by ehimeblog | 2010-09-08 11:07 | 愛媛のイベント

<< 玉川で新米まつり! 子育て応援隊の取り組み情報vol.1 >>