今治市玉川近代美術館

今治市玉川近代美術館(今治市玉川町大野)に行ってきました。

e0197164_16593990.jpg
この美術館は、玉川町出身の実業家、故徳生忠常(とくせいただつね)氏が全資金を提供し、「心温まる名画の美術館」として設立されました。そのため、別名「徳生記念館」と呼ばれています。
こちらは、明治以降の黒田清輝、藤島武二といった日本近代洋画家から郷土出身画家、そしてなんと!!ピカソやユトリロなどの海外作品まで、幅広い作品が展示されています。

展示室内は静かで、あたたかい雰囲気に包まれていました。(2階から撮影)
e0197164_17123967.jpg

※注意※
写真は、今回特別に撮影させていただいたものです。展示室内の写真の撮影は禁止されています。

ちょうど、特別企画展「松本竣介 その透明な生」が開催されていました。実は、この玉川近代美術館の建物は松本竣介氏のご子息、松本莞氏の設計だそうです!12月19日(日)まで開催されていますので、ぜひご観賞ください。

e0197164_173006.jpgまた、国宝に指定されている「伊予国奈良原山経塚出土品」一括が同時公開されています005.gif
こちらの展示は、今後も大切に保存していくため、展示期間が限定されているそうです。現在は、特別企画展に合わせ、12月19日(日)まで展示されていますので、ぜひぜひご覧ください058.gif(写真左:玉川近代美術館のパンフレット、表紙は松本竣介氏「B婦人像」)


しまなみ海道からもほど近いこちらの美術館、ひと足伸ばして芸術を堪能してみませんか。

玉川近代美術館の詳細はコチラへ。

たまっちでした。

by ehimeblog | 2010-11-26 10:50 | 東予地方の観光

<< 護身術講座が開催されます! 金毘羅寺の紅葉! >>