商店街に行こう! ~ 新居浜【昭和通り・登り道】 ~

かつては、臨海部の工業地帯に通勤する人たちで賑わった昭和通り・登り道の商店街。
しかし、モータリゼーションの影響は大きく、
近年では来街者の減少に見舞われています。

何とか活気を取り戻そうと、登道サンロードが取り組んだのが、
「百縁笑点街  さんさん産直市」
毎月第4日曜の午前8時から午後2時まで
新鮮野菜や漬物、鮮魚、和菓子に醤油、おもちゃに洋服等々と、ずらりと出店が並びます。

e0197164_9512299.jpg


11月28日は、百縁笑店街がスタートしてちょうど1周年!
はっぴの赤も鮮やかに、まさに縁日の賑わいでした。

e0197164_9515567.jpg


そして、28日には、もう一つの賑わい拠点
「新居浜まちなか情報ステーション」が、商店街の入口に誕生!
地域の人々に、商店街を身近に感じてもらい、愛着を持ってもらいたいという願いをこめて設置されました。
入口で迎えてくれるクリスマスの飾りつけは、商店街のお店から譲ってもらったもの。ふっと心がなごみます。

e0197164_9522784.jpg


ステーションの中にある書棚は、「誰でも気軽に本を読みに来てね。持ち出しもOK!」とのこと。地域の人たちから寄贈された本です。

e0197164_1015546.jpg


壁には、いろいろなグループの活動状況を展示。
このステーションは、グループの集まりや作業の場にも使えます。

e0197164_1022396.jpg


新居浜市の委託を受けて、ステーションの企画運営を担うのは、NPO法人にいはま市民企画ノポックの皆さん。このほかにもCATV広報番組への出演やエコ回収、インターネットコーナーなど、地域の人たちの役に立つ、立ち寄りやすい場となるよう、いろいろな企画を考えておられるそうです。
↓詳しくは、こちら。
http://niihama-machinaka.jp/これから年の瀬。慌しい毎日の中で、ちょっとひと休みできる、温かい雰囲気のステーションになりそうです。

経営支援課でした。

by ehimeblog | 2010-12-01 12:35 | 愛媛のイベント

<< 「鯛バーガー」と「食べ鯛」! 「四国4県GT実践者交流研修会... >>