民芸伊予かすり会館

松山市久万の台にある「民芸伊予かすり会館」に行ってきました。

e0197164_10265487.jpg

伊予絣の実際の生産工程を見ることができます。

e0197164_1027679.jpg

伊予絣は、久留米絣、備後絣と並んで
日本三大絣の一つって知ってました?


今から200年ほど前の江戸時代後期に、
松山市西垣生町で鍵谷カナさんが
考案された絣だそうです。



1900年代のはじめには、機械の改良が進み大量生産が出来始めると、
綿の持つやわらかさや吸収性・通気性の良さから全国の農家に広まり、
なんと日本一の絣生産になっていたそうです。

e0197164_10272510.jpg
e0197164_10273989.jpg
また、藍で染めるため、
生地が強くなること、

藍特有の香りに
防虫効果があったことなどが
人気の秘密だったとか。


青い部分が染料になります→


e0197164_10275393.jpg

その後、生活様式の変化で着物を着なくなり、
絣の需要は低下してしまいましたが、
昔の人の知恵や努力、また当時の生活の一部が垣間見え、
とても感心させられました。

民芸伊予かすり会館のホームページ

りんりんでした。

by ehimeblog | 2010-12-13 12:40 | 中予地方の観光

<< 愛媛のかんきつ食べつくし! 「... いきもの便り ~佐田岬での時間~ >>