赤穂浪士と松山藩

今日12月14日は、赤穂浪士の討ち入りの日ですよね。
愛媛と忠臣蔵に何の関係があるの?と思われた方、
ちょっと聞いてください。

e0197164_8391139.jpg

吉良上野介を討ち取り、仇討ちを果たした赤穂浪士は、
ご存知のとおり、江戸幕府から全員切腹の命が下りますが、
その47士のうち10名が、江戸にある松山藩邸で切腹したんです。

e0197164_8393695.jpg

その中には、歴史好きなら誰でも知っている
大石内蔵助の長男で、まだ16歳だった大石主税(ちから)や
剣の猛者でとっても有名な堀部安兵衛、
他に大高源五なんかも含まれていたんです。

もうこの名前を聞いただけで、何かゾクゾクしてきますよね。

で、時の松山藩主 松平定直公は、
松山藩の預かりとなったその10名の赤穂浪士たちを
とても丁重にあつかったそうです。

e0197164_8443934.jpg

  後に、このことを知った
  播州赤穂の人たちは、
  その優しさに触れ、
  感謝の意味を込めて、
  赤穂の特産のハゼの苗木を
  松山に送ってきたそうです。

  その木が、
  ここ道後公園のお堀の南側に
  ひっそりと立っています。




e0197164_8402227.jpg

ロシア人墓地の時と同じように、
松山の人の優しさに触れ、とても胸がジーンとして、
松山市民であることを誇りに思いました。

歴りんりんでした。

by ehimeblog | 2010-12-14 08:30 | 愛媛の文化

<< 今治くんれん日誌16 「訓練ま... 愛媛のかんきつ食べつくし! 「... >>