愛媛の3R企業を紹介します(その2)

e0197164_1519454.jpg資源循環型社会づくりをすすめるため、モデルとなるようなリサイクル製品や廃棄物の3R(リデュース、リユース、リサイクル)などに積極的に取り組んでいる企業や店舗を愛媛県が認定する「愛媛県資源循環優良モデル認定制度」 。このたび、平成22年度の優良モデルが決定し、平成23年2月2日(水曜日)に県庁で認定証交付式を行いましたので、その様子をご紹介します。
e0197164_1526072.jpg22年度は11事業所・12件の優良モデルを認定し、中村知事から認定証を手渡しました。

 認定を受けた事業所では、上記シンボルマークを利用していただいたり、愛媛県で作成するパンフレットやホームページへの掲載、環境イベントの展示などで幅広くPRすることとしています。
 認定期間は2年間ですが、再認定も行っています。

 交付式終了後、各事業者の方から取り組みの内容をパネルや製品のサンプルを使って知事に説明していただきました。
e0197164_152919.jpg












e0197164_15295717.jpg


 ちなみにこの「資源循環優良モデル認定制度」。意外と(?)知られていないのですが、平成13年度から開始して、今年度創設10年目になります。そして今回の認定で認定件数がちょうど100件005.gif(平成23年2月2日現在)となりました。
 
 これからも、優良モデルのPRなどを通じて、県内の企業の皆さんの3Rの取り組みをより多くの方に知っていただき、愛媛の循環型社会づくりに貢献したいと考えています。

 というわけで、まずは、平成23年2月7日(月曜日)から平成23年2月25日(金曜日)まで、県庁第一別館1階ロビーで、22年度認定の優良モデルをご紹介するパネル展示を行います。
 お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りいただき、えひめのリサイクル製品や「環境にやさしい企業」の取り組みをご覧下さい。

☆資源循環優良モデル認定制度や今回認定を受けた企業等について知りたい方は、「えひめの循環型社会づくり」ホームページにも掲載しておりますのでこちらもぜひご覧下さい! 

 循環型社会推進課でした。

by ehimeblog | 2011-02-07 15:49 | 県庁の行事

<< アイススケートに悪戦苦闘 ☆全日空 松山-札幌線運航再開☆ >>