今治くんれん日誌20 ものづくりで「愛媛のPR」をお手伝い

平成23年3月4日(金) 天候:春目前・寒有り

【エピソード1】

2月28日、全国の熟練技能者が技を競う「技能グランプリ」に出場する本県選手団の結団式が開催されました。
※「技能グランプリ」とは、製造業など国家技能検定の最高等級技能者が、「日本一」を競うもので、今回は30の競技職種に480名が参加し、千葉県の幕張メッセを主会場に3月4日から7日にかけて行われる。

e0197164_1749314.jpg
県旗を受け取るフラワー装飾部門・平元さん


今回、愛媛県からは、寝具や建築大工部門など7職種に8名が出場し技を披露しますが、家具部門には宇和島高等技術専門校の丸山先生が選ばれ、結団式で選手宣誓を行いました。
結団式に当たり、当今治校では、愛媛を代表して活躍される皆さんを激励するため、オレンジ色のタオルマフラーを作成し、愛媛をPRしていただくこととしました。皆さんの御健闘をお祈りいたします。

e0197164_17501977.jpg
選手宣誓する家具部門・丸山さん


【エピソード2】

地球温暖化の防止をアピールするため、県職員ブログにも度々登場しているストッピー。本校では、着ぐるみを制作するなど「ものづくりの技術」を通して広報のお手伝いをしてきましたが、今回は、服飾ソーイング科の訓練を兼ねて、縫いぐるみ作りに協力しました。完成までの様子をご覧下さい。   

e0197164_17504167.jpg
まずは、フェルト生地に型紙を置き、型を取っていきます。オレンジ色はストッピーの頭の部分。

e0197164_17511283.jpg
型を取った線に沿って、断ち切り鋏で裁断。同様に次のパーツへ。青のフェルトはストッピーの上半身部分。

e0197164_17514791.jpg
パーツごとに作業を繰り返し、大小36個ものパーツが準備できました。これを見たら、大体のイメージが湧いてきますね。さて、次はいよいよ組み立て開始です。この先は次回くんれん日誌21をお楽しみに。

これからもスクラムを組んで、互いに技能を練磨し、愛媛の産業界に貢献する県立今治高等技術専門校でした。

過去の今治くんれん日誌はこちら↓
今治くんれん日誌号外
今治くんれん日誌19
今治くんれん日誌18
今治くんれん日誌17
今治くんれん日誌16-Tech4

by ehimeblog | 2011-03-04 10:00 | 県庁の行事

<< クロサイの赤ちゃんの名前投票開始! いきもの便り ~椿~ >>