東京で見つけた愛媛 その1 『子規庵』

東京都台東区、根岸にある『子規庵』(しきあん)を訪ねました。
e0197164_22345944.jpg

上野駅の北、直線でおよそ1.2kmのところにあります。

松山市出身の俳人、正岡子規は、明治27年2月から亡くなる明治35年9月までの8年間、この家に暮らしました。
実際に子規が住んだ建物は、戦災で焼失しましたが、門弟によって昭和26年に、ほぼ当時のままの姿に再建されたそうです。

こちらは庭から撮影。
e0197164_22563222.jpg

向かって右側の部屋が、子規の部屋。
ここで「墨汁一滴」、「仰臥漫録」(ぎょうがまんろく)、「病牀六尺」(びょうしょうろくしゃく)などを書いたそうです。

病に臥してからは、この部屋から見える庭が子規のすべて、子規のいうところの「天地」となりました。

冬でも景色が見えるよう、高浜虚子の好意で当時としては珍しいガラス障子が入れられたそうです。

  鳶見えて 冬あたたかや ガラス窓

建物内の撮影は禁止でしたので外からの撮影ですが、病床から子規が眺めた庭です。↓
e0197164_23293657.jpg


  朝顔の 花木深しや 松の中

  椎の実を 拾ひに来るや 隣の子
  
この庭の草花、小鳥や蝶などの生き物を見て、そして季節や天候の移り変わりを感じて、最期まで句作に励んだ子規。
病床にあって、故郷松山のことをどう想ったのか、少し気になりました。

 健さんのレポートでした。

by ehimeblog | 2011-05-09 13:25 | その他

<< 東日本大震災の被災地訪問 今治くんれん日誌22 平成23... >>