東京で見つけた愛媛 ~その2~ 『野間馬』

パンダブームに沸く東京・上野動物園
e0197164_0422138.jpg

園内に、外国の馬とほとんど交雑することなく残っている日本固有の馬たちが集まった場所があります。

トカラ馬(鹿児島)、木曽馬(長野)、与那国馬(沖縄)などのなかに、いました、愛媛・今治市からやってきた野間馬(のまうま)の『えりか』ちゃん。
e0197164_0484083.jpg

野間馬は、身長が110~120cmで、もともと小さい日本在来馬の中でも、いちばん小さい馬とのことです。

性格はおとなしくて賢く、働き者の野間馬。
江戸時代には今治地方を中心に農業のお手伝いに大活躍していましたが、一時は4頭にまで数が減り、絶滅寸前の危機だったそうです。
今では、関係者の努力により約80頭まで増えたとのこと。

さて、この日は『ちびっ子のまうま祭 in 上野動物園』が開催され、多くのちびっこが会場に集まっていました。
e0197164_131745.jpg

会場には「いまばり観光大使」の『バリィさん』も登場。
「かわいいっ-!」と歓声を浴びるなど、『えりか』ちゃんに負けない人気でした。
e0197164_111312.jpg

もし、上野動物園に行く機会がありましたら、パンダだけではなく、東京で頑張る『えりか』ちゃんも応援してください!
e0197164_1103438.jpg

健さんのレポートでした。

 東京で見つけた愛媛 その1 『子規庵』はこちら

by ehimeblog | 2011-05-17 11:15 | その他

<< 愛媛FC四国ダービー スポーツと文化の融合「スポーツ... >>