タイレッ丼(たいれっどん)

e0197164_13355017.jpg

愛南町須ノ川にある
「ゆらり内海」で、
「タイレッ丼」を食べてきました。

e0197164_13334513.jpg



「タイレッ丼」って、
あまり聞いたことないでしょう。
それもそのはず。

これは、昨年12月に開催された
「愛南町食育推進大会」の
食育推進・食育成果発表で
地元船越小学校の生徒が
考案したものなんです。

それが、こうやってお店で食べられるんです。

この「タイレッ丼」の特徴は、豚肉を使ったカツの代わりに、
地元宇和海で捕れた「養殖マダイ」を使ったカツ丼だそうです。
こだわりは、大葉をまいているところだそうです。

ネーミングは、愛南ぎょレンジャーの『タイレッド』からだとか。

e0197164_1337233.jpg

見た目もGOODですが、もちろん味の方もGOOD!
息子もおいしいと喜んでいました。

e0197164_13371713.jpg
また、小学生が注文すると、
手づくりっぽい『タイレッド』の
キーホルダーがもらえるようで、
これにも、とても喜んでいました。
(今、ランドセルに付けてます。)



e0197164_13373597.jpg

目の前には、オートキャンプ場があり、夏にはとても賑わうのですが、
この日は、あいにくの雨のせいで、キャンパーはいませんでした。

 カーロスでした。

by ehimeblog | 2011-06-27 08:30 | 愛媛の食

<< いきもの便り~サギソウ~ 四国カルスト牧場の秘密 >>