戦国浪漫!宮窪水軍レース

7月30日(土)、今治市宮窪町の能島沖で水軍レース実行委員会の主催により、「第19回水軍レース大会」が行われました。県内外から59チーム、約700人が参加。
東予地方局今治支局の勇者24名で熱き戦いに参戦してきました。
e0197164_10102287.jpg

オープニングは宮窪小学校児童による能島水軍太鼓の力強い演奏で始まります。
e0197164_1013762.jpg

約400年前、海の大名と呼ばれ海原を自由に駆け巡っていた村上水軍を彷彿させる武将や鶴姫に扮した大会関係者の姿です。
e0197164_10133474.jpg

レースは、200メートルの直線コースを村上水軍の復元船 小早船(こばやぶね)で速さを競います。
この日のために仕事後に猛特訓を受け練習を重ねてきた選手12名、いざ出陣!
e0197164_10135827.jpg

銅鑼の音を合図にいっせいに漕ぎ出します。
力を合わせて戦った結果、5チーム中、2位と好成績を修めましたが、惜しくも初戦突破ならず。
e0197164_10142862.jpg

こちらは、熱戦を繰り広げた漁港の前にある村上水軍博物館。
貴重な文献や出土品から勇壮果敢な海賊衆の実態が明らかになります。
水軍の歴史に興味を持たれた方はぜひ一度お出かけください。

今治支局総務県民室でした。

by ehimeblog | 2011-08-04 10:30 | 愛媛のイベント

<< あなたも「チーム愛媛国体強化部... 今治くんれん日誌26-今治高等... >>