いきもの便り ~狩猟免許をとろう!~

皆さん、「狩猟免許」ってご存知ですか?
「狩猟免許」、それは野生の鳥や獣を捕獲できる資格です。
最近、農林業への鳥獣被害対策として、狩猟が注目されています。

狩猟は、残酷なものではありません。
ハンター(狩猟者)は、自然環境に逆らいません。
自然に対して畏怖と敬意を払い、鳥や獣たちの生態を尊重し、森の生物多様性を守る番人です。
また、自然の営みに感謝しながら、これらの恵みを美味しくいただくことが、獲物たちへの供養になります。
イノシシ汁
e0197164_16534885.jpg

イノシシの焼肉
e0197164_16591870.jpg

e0197164_992693.jpg
「狩猟」と言うと、どうしても「銃」のイメージが強いですよね。
でも、最近は「ワナ」を使う方法が増えています。
決してハードルは高くないのです。

皆さんも狩猟免許を取得してみませんか?

狩猟免許試験は、8月と9月の年2回、それぞれ県内5箇所で実施されています。
e0197164_1744513.jpg

近年、受験者は増加傾向にあり、今年8月の試験は、去年の約2倍の500人近い受験者となりました。
e0197164_16551068.jpg

試験勉強の必須アイテムは、「狩猟読本」と「例題集」
(販売:大日本猟友会)
業務に活かすために、県職員もチャレンジしています。

自然保護課いきもの係からのお知らせでした。
e0197164_1725247.jpg

☆過去のいきもの便りはこちら☆
カメ産卵(7月25日)
うちわ(7月7日)
サギソウ(6月27日)
生き物ミーティング(6月23日)
カミツキガメ(6月9日)
e0197164_17185364.jpg

by ehimeblog | 2011-08-12 08:30 | 愛媛の自然

<< 東予の小学生料理コンクール&料... 「水を大切にする環境学習講座(... >>