愛媛のかんきつ食べつくし!「はるみ part2」

かんきつ王国「愛媛」のかんきつを食べつくすシリーズ。

第18弾は「はるみ part2」です。

以前にも紹介されていましたが、自分の舌でその美味しさを確かめたいと、
私、りんりんがレポートします。

e0197164_859318.jpg

松山市内の某デパートで購入したのですが、
糖度13%以上という張り紙が貼ってありました。

では、糖度13%の美味しさをお伝えします。

と、その前に、形は大ぶりなものから小ぶりなものまであります。
それでも、全体的には温州みかんよりは、大きいですね。

見た目は、温州みかんとよく似ていますね。
薄い皮なので、皮ごと食べられます。

デコポンと同じで、はるみの親は、清見とポンカン。

e0197164_90364.jpg

食感ですが、温州みかんなどに比べて、やや固めで
口の中で、少しつぶつぶ感が残って、食べ応えがありますね。

味はというと、酸味より甘さが強い感じですが、
何よりも果汁がとっても濃厚です。
機械で濃縮してるの?っていうくらい、味が濃いです。
これは、子どもは絶対好きですね。

食べ頃は2月~3月いっぱい。
e0197164_1738468.jpg
りんりんでした。

○愛媛のかんきつ食べつくし!シリーズ
その17 「甘平」part2
その16 「ぽんかん」
その15 「天草」
その14 「岩城島のレモン」
その13 「はるみ」
その12 「デコポン」
その11 「西之香」
その10 「まりひめ」
その 9 「せとか」
その 8 「仏手柑」
その 7 「甘平」
その 6 「はるか」
その 5 「ブラッドオレンジ」
その 4 「いよかん」
その 3 「媛小春」
その 2 「紅まどんな」 
その 1 「はれひめ」

by ehimeblog | 2012-02-17 08:30 | 愛媛の物産

<< えひめカフェをたずねて・・・。... えひめカフェをたずねて・・・。... >>