うどん県高松市で伊予市双海町をPR!

お隣のうどん県高松市で、伊予市双海町をPRしてきました!

e0197164_9344711.jpg
場所はオシャレな
高松市丸亀町商店街ドーム広場。

2月25日(土)に開催された
「四国再発見!四国サイコーダイガク祭2012」(主催:中小機構四国)です。

四国4県から、
それぞれの地域の魅力を発信するために集まりました。

シーサイド公園のじゃこ天も、
こんなかわいいドームで販売しました。

恐るべし「じゃこ天」
お昼には完売!!
やはり、知名度は抜群です。
続いて「よもくれ団子汁」「鯛めし」も売り切れです。


e0197164_931941.jpg

こちらのブースでは、「水仙」「いりこ」「ひじき」「ちりめん」「佃煮」「とろろちりめん」や、「干し椎茸」「ひしお」「せんべい」「双海恋しぐれ」「とら巻」、新鮮イチゴ・ブルーベリーの「ジャム」、自然農法で作った甘夏の「マーマレード」など、双海の海の幸、山の幸を販売しました。
陽気な双海人(ふたみんちゅ)は、お客様との会話も弾みます♪
(どこのブースよりもにぎわっていました)

e0197164_9333083.jpg
みかんの国ですから、
もちろん「いよかん」
「甘平(かんぺい)」も販売しましたよ~

甘平は、愛媛のオリジナル柑橘なので、
うどんの国のみなさんには
まだあまりなじみがありません。

なので、この高級柑橘を
惜しげもなく試食していただきました!



裏でせっせと甘平をカットしているのは、生産者の戸田さん。



e0197164_9365283.jpg

伊予市双海町は、四国サイコーダイガク23年度開発プロジェクトに選定され、観光商品・サービスの開発によるビジネス創出に取り組んでいます。
これまでの取組について、伊予市グリーンツーリズム推進協議会の武智さん(写真:左)と、伊予市双海町下灘地区地域おこし協力隊の冨田さん(写真:真ん中)が発表しました。
e0197164_9323032.jpg

高校生も頑張りました!
伊予農業高等学校の生徒さん3人で、なんと街頭アンケート100人分を集めてくれましたよ。

四国サイコーダイガク「伊予市・双海プロジェクト」は、平成23年6月にスタートし、住民のみなさん、市・県職員がワークショップを重ね、2月11・12日には初めてのモニターーツアーを実施しました。
これから、3月末の終了式の成果発表に向けて、みんなで頑張ります!

中予地方局地域政策課でした。

中予地方局公式フェイスブックやってます←「いいね!」をよろしくお願いします。

by ehimeblog | 2012-02-28 10:49 | 中予地方の観光

<< 愛媛県武道館 バドミントン・卓球大会 滝めぐり ~その6 白滝~ >>