今治くんれん日誌32-港町にはジャズが似合う「嵐を呼ぶ今治ジャズタウン!!」―

今治タオルの殿堂「テクスポート今治」の壁面に突如現われた大型ポスター。
今年もやってきました「今治ジャズタウン」の季節!!
8月25日(土)26日、今治の街がジャズに包まれます。
e0197164_12593515.jpg
今年で14回目を迎える今治ジャズタウン。
誕生は1999年(平成11年)。
瀬戸内しまなみ海道開通記念イベントしまなみ海道99」のコアイベントの一つとして産声をあげました。
e0197164_12595336.jpg
第1回目の今治ジャズタウンはなんと5日間の日程で、アメリカのトップミュージシャンも参加した超豪華な内容。
今治の街をジャズで埋め尽くす!」というコンセプトで、市内4箇所に野外ステージが設置されたほか、4つの飲食店の協力で屋内ステージが開催され、夕方になると全ての会場からあふれるジャズの生演奏の洪水に、まるで街全体がスイングしているようでした。
会場の一つとなった老舗庶民派食堂では、ジャズを聴きたいというたくさんのお客さんが道路から店を覗き込んで、窓に上下いくつもの顔が並ぶ大変な騒ぎとなりました。(この食堂は今年も会場になってますよ(^-)/)
e0197164_130925.jpg
ハイライトとなった今治城吹揚公園での「今治ジャズタウンスペシャルナイト」では、ジャズの巨人“デューク・エリントン”生誕100周年を記念して結成された「エリントン・フォーエバー」ほか国内外のトップミュージシャンが勢ぞろいし、会場を埋め尽くした熱狂的なジャズファンが伝説的なステージに酔いしれました。

e0197164_1302524.jpg
そして、2回目以降「今治が大好き」で「ジャズが大好き」な熱いボランティアの運営に引き継がれた今治ジャズタウン。
今年も充実した内容となっていますよ(^^)
25日)は、「タウンステージ」として今治市内12カ所の協力店舗で(いろいろなお店が突然ステージに変身!) “かぶりつき”のジャズ体験。
そして、26日)は、テクスポート今治でトップアーティストによるメインステージ今年も夏の締めくくりは今治のジャズで!
詳しくは下のホームページをご覧ください。
http://www.jazztown.jp/

市民の市民による市民のためのイベント「今治ジャズタウン」を、今治高等技術専門校は応援しています!!

えっ?なんで専門校が応援してるのかですって?
実は、ポスターの石原裕次郎似の渋いナイスガイは、本校の巡回就職指導員なんです。
本校では訓練生の就職率向上のため駆け回り、オフでは今治のジャズ文化興隆のために奔走している方です。
詳しい正体は26日メインステージで明らかになりますので、テクスポート今治へ色紙持参の上お越しください(笑)


技能を練磨し、産業界に貢献する


今治高等技術専門校でした。



過去の今治くんれん日誌はこちら↓
今治くんれん日誌31
今治くんれん日誌30
今治くんれん日誌29
今治くんれん日誌28
今治くんれん日誌27

by ehimeblog | 2012-08-03 14:00 | その他

<< 戦国ろまん 水軍レースに参加しました ロンドンオリンピック本県出身選... >>