毎週金曜日のお昼は…

愛媛県が松山市ロープウェー街に開設している「えひめ愛顔の観光物産館」(愛称:愛あいプラザ)において、県内市町の特産品等のPRや観光誘客促進を支援するため、県内の「市町フェア」(第一弾は鬼北町)を開催しています。
e0197164_15522118.jpg

今月からスタートしたこの取組みに合わせて、愛媛県庁では、毎週金曜日に市町フェアを開催する市町の特産品等を使用したお弁当を販売しています。

11月2日の昼休みの時間に販売したのは、鬼北町特産の鬼北熟成雉を使用した「きじ丼」。道の駅「広見森の三角ぼうし」で正式メニュー化を図る前の販売です!
e0197164_14403013.jpg

「きじ丼」と合わせて販売したのが「鬼どら」。生クリームとこしあんの2種類あり、蒸しパンの生地に包まれているのですが、どちらも鬼北特産の「ゆず」の風味がほんのりします。
e0197164_14404062.jpg

e0197164_144054100.jpg

限定販売ということもあり、ご覧のとおり大盛況。用意した「きじ丼」64個、「鬼どら」40個があっという間に完売しました。
引き続き、来週からは鬼北町特産のゆずや山の幸を詰め込んだ「日吉お山のお弁当」を販売する予定です。

「えひめ愛顔の観光物産館」での「鬼北町フェア」でも、特産の雉を使った「きじ入り野菜カレー」など週替わりで特産品を取りそろえて、12月2日(日曜日)までの毎週末(金・土・日)に開催しておりますので、ぜひお越しください。
e0197164_15523429.jpg

以上、観光物産課でした。

by ehimeblog | 2012-11-06 08:30 | 愛媛のイベント

<< 「愛媛県総合運動公園出土遺物里... 第7回 大街道マルシェ 開催します! >>