農業高校生による「家畜審査競技県大会」開催

 愛媛県学校農業クラブ連盟主催、農業高校生による『家畜審査競技県大会』が、6月6日に県畜産研究センター(西予市)で開催されました!
 梅雨の晴れ間の下、県内の農業課程のある高校13校から、乳牛の部に26名、和牛の部に26名の代表が出場し、家畜の審査技術を競いました。

e0197164_17214312.jpg
 家畜の審査は、骨格や肉付きの具合などを外から見て、その能力(生産性)を判定するもので、優良経営のためには不可欠な技術です。 
 出場者は離れたて全体を見たり、触ったりしながら、出題された成牛と子牛各4頭を見比べて順位をつけていきます。

e0197164_17234667.jpg
 乳牛は、たくさんの乳を出す能力があるか乳器(おっぱい)の資質を見定めることも必要です。

 競技会の結果、
  乳牛の部は南宇和高校の山本湧太さん、
  和牛の部は丹原高校の武田尚之さん、
  総合の部では野村高校のみなさん   が最優秀賞を獲得しました。

 出場者は家畜審査の難しさと家畜に触れる楽しさを感じるとともに、他校の生徒と交流を深めることもできたようです。

 乳牛の部は10月に千葉県で全国大会が開催され、最優秀賞の山本さんと第2位の野村高校の入船佐紀さんの2名が県の代表として出場されます。全国の舞台で家畜審査の技術を存分に発揮してください。

畜産研究センターでした。

by ehimeblog | 2013-06-07 09:51 | 愛媛のイベント

<< 稲積花菖蒲園 みきゃん県美に現る >>