炭素繊維複合材料を活用出来る人材の養成を目指して

愛媛県内には、世界最大規模を誇る炭素繊維の生産拠点があります。この強みを活かして、

   愛媛県中小企業団体中央会
   公益財団法人えひめ東予産業創造センター
   公益財団法人えひめ産業振興財団
   公益財団法人とくしま産業振興機構


の愛媛・徳島の4産業支援機関が連携・役割分担しながら、炭素繊維複合材料を使いこなすことが出来る高度な技術人材の養成を目指して、

「四国地域炭素繊維加工高度人材養成事業」

に取り組んでいます。

この事業を円滑に実施するために、愛媛・徳島両県と四国経済産業局が取りまとめ役となって、6月27日(木)にその第1回運営協議会を愛媛県立図書館で開催しました。元東レ㈱専任理事・愛媛工場長である公益財団法人えひめ産業振興財団顧問の樋口富壯氏を会長とし、事業の連携・調整に関する内容が協議されました。

e0197164_16415669.jpg

この事業では、4機関が

   経営人材
   現場人材
   製品企画人材
  066.gif

それぞれのステージ毎にきめ細かな、より実践的なセミナーや実習を四国4県の企業を対象に実施します。

e0197164_17575292.jpg

この事業を通して、炭素繊維複合材料に精通した人材が育成され、地域の企業において炭素繊維を活用した製品開発につながっていくことを期待しています。

以上、産業創出課でした。040.gif

by ehimeblog | 2013-07-17 15:57 | その他

<< 魅せるぜ、熱い魂! 水軍レース... 「カフェ・バイク・パウロ」で『... >>