魅せるぜ、熱い魂! 水軍レース大会に参加します!(その1)

 今治市宮窪町。
 南北朝から戦国時代にかけて瀬戸内海で活躍した村上一族が本拠地としたことで有名な地域ですが、そんなロマンあふれる地区で毎年行われる熱いバトルがあります。

 それが、水軍レースです!
---------------------------------------------------------------------
【水軍レースって何?】
 約450年前、村上水軍は「小早(こはや)」と呼ばれる水軍和船で、瀬戸内海に君臨していました。
 このレースは、小早船を復元し、能島(のしま)沖の海上に設けられた200mの直線コースを、5隻ごとにタイムを競うトーナメント方式の大会です。
e0197164_1812592.jpg

 県内のみならず県外からも参加チームがあり、約70チームが参加して盛大に行われます。
 かけ声をかける人、見竿を持つ人が各1名。2人1組で艪を漕ぐ人が10名。合わせて12名が一体となって、小早船を走らせます。
----------------------------------------------------------------------
 そんな水軍レースに例年、今治支局からも命知らずな熱い面々が参戦しており、今年も計24名の勇者が、水軍レースの頂きに立たんと名乗りを上げました。

 そんな訳で先日、小早船の体験乗船・・ではなく練習に行ってきました。
e0197164_1819825.jpg

 宮窪町漁業協同組合に所属される堺さん(画像中央)のご指導のもと、必死に艪を漕ぐ面々。
e0197164_18213428.jpg

 案外、これが難しく、「おしてー!」「ひいてー!」の掛け声に合わせて、なんとか力をひとつにしようと頑張りますが、少しでも右舷・左舷の力のバランスが崩れると、あっという間に船はあらぬ方向へ・・。

 息が合ってまっすぐ進むようになる前に、1時間の練習はあっという間に終わりを迎えました。
 堺さんは「初めての練習ならこんなものです」とフォローをくださるものの、みな明日の筋肉痛に対する恐怖と、果たして次の練習でまっすぐ進むようになるのかという猜疑心で頭がいっぱいで、耳に入ったかどうかよくわかりませんでした・・。

 果たして今治支局チームの運命は!?
 今年こそ久々の一回戦突破、そして優勝の頂きに立てるのか!?
 下記の日程にて行われる水軍レースに、どうぞ皆様ご注目下さい!

○日時:平成25年7月28日(日) 
    8時40分開会式 9時30分レース開始
○場所:今治市宮窪町 村上水軍博物館前特設会場
○主催:水軍レース実行委員会(事務局 宮窪町漁業協同組合)
 くわしくはこちら!

【おまけ】
 レース会場の近くにある村上水軍博物館では、村上水軍に関する資料に触れられるほか、サザエ丼や鯛カツ丼など、島ならではの食材を使ったグルメを堪能することができます。
 歴史もいいけど食の方も楽しみたいな♪という方も満足できる施設になっていますので、機会があればぜひお立ち寄りください!
e0197164_1931037.jpg

(・∀・)<職員の方が毎月手作りで準備する衣装を身にまとって、お出迎えするけんね!
*6月は結婚式がテーマのウェディングverを展示されていたそうです。

 以上、今治支局商工観光室でした~☆

by ehimeblog | 2013-07-17 16:36 | 東予地方の観光

<< 三島水軍鶴姫祭りにお邪魔してき... 炭素繊維複合材料を活用出来る人... >>