自転車を押して大島・亀老山(きろうさん)へサイクリングに行きました(後半)

こんにちは。後半をお伝えします。

亀老山展望台では、売店のアイスクリームを食べたりスポーツドリンクを飲んだりして30分ほど休憩しました。お店の方によるとサイクリストがよく飲み物を買ってくれるそうです♪

記念撮影の後は、昼食で宮窪町に移動するため、せっかく苦労して上ってきた坂を一気に駆け下ります。

手元のサイクルコンピュータは下りの直線で25㎞/hを表示していました。転倒などの危険があるので随時ブレーキをかけますが、ハンドルを握る手が徐々に汗ばんできます。国道までわずか5~6分でした。
e0197164_149575.jpg


それから島内道路を20分ほど走り、宮窪の村上水軍博物館前にある「水軍レストラン」に到着♪~

この日レストランには食事を楽しむカップルや家族連れが大勢来ていました。店員さんは大忙しで走り回っています。
海鮮バーベキューコーナーではお客さんが七輪で鯛やサザエを焼いていて、磯の香りと醤油が混じったいいにおいが漂って来ました。

私たちは海鮮丼や釜揚げしらす丼を食べ、遠くの能島(のしま)や沖に向かう潮流船を眺めていました。
e0197164_14102149.jpg


宮窪からの帰り…大島にある人気のパン屋さん「ペイザン」に立ち寄ります。

1組の若い夫婦がちょうど食事を終えたところでした。Tシャツにステテコ姿の男性は、おむつをしたかわいい赤ちゃんを片手で楽々と抱いて帰って行きます。

店内にある幅1m、奥行き30㎝ほどの小さな棚にいろいろな種類のパンが整然と並べられてあります。ご主人がお店の裏の窯で焼いているそうで、この日も残りわずかだったyo~
e0197164_14103912.jpg


窓には草木が明るく映し出され、店内はボサノバのBGMが静かに流れています...。入口から風が通り抜けていました。

そんなわけで私もスライスアーモンドのついた「チョコバナナ」を食べてみます。

自然に囲まれて生まれたパンを手に持つと親しみが湧いてきて、
チョコレートの甘さとほんのり塩味のきいたパンを噛みしめていると…

なんだかこの島も好きになってきました。
e0197164_14105763.jpg


最後に...健脚ライダーのご紹介。

カーブの多い3キロの急な坂をわずか15分ほどで展望台まで駆け上がった男たち。平均速度12㎞/hで走った計算。この健脚力はすごいYo!
地元の野ウサギもびっくり~

そして、この中にも今年自転車を購入した若者が3人います。
じっくり検討して台湾の老舗メーカーの自転車に決めた者(一番左)、熟練の地元自転車屋さんに見立ててもらった者(中央)…。
店頭にディスプレイされていたチェレステカラーのイタリアの自転車に一目惚れした者(右から2人目)。

ヘルメットやサイクルジャージ、サングラスに靴など周辺グッズも豊富にあり、カタログやインターネットであれこれ選ぶのも楽しいですね。
e0197164_14111622.jpg

相棒となる自転車の種類はさまざま…。でも彼らのチャレンジ精神はみんな同じく旺盛でした♪

この5人…妙に海が似合っとるな。
今夜はこの辺で…。

今治支局総務県民室でした。

by ehimeblog | 2013-07-31 17:00 | 愛媛のイベント

<< グルメスタンプラリー その8(... 知財(知的財産)ってご存知ですか? >>