炭素繊維複合材料を活用出来る人材の養成を目指して(その2)

愛媛県内には、世界最大規模を誇る炭素繊維の生産拠点があります。この強みを活かして、愛媛・徳島両県の4産業支援機関が連携・役割分担しながら、炭素繊維複合材料(CFRP)を活用出来る人材の養成を目指して、

「四国地域炭素繊維加工高度人材養成事業」

に取り組んでいます。
この事業の一環として、8月28日(水)に(公財)えひめ東予産業創造センター主催のセミナー

第2回
「CFRPの特性と成形加工方法(基礎編)」

がリーガロイヤルホテル新居浜にて開催されました。愛媛大学大学院理工学研究科 黄木教授を講師に迎え、CFRPの機械的・電気的特性や用途事例についてお話しいただきました。参加した愛媛・徳島両県の企業の方は、今後、自社での取組みを検討するため、講師の説明に熱心に耳を傾け、実際にCFRPのサンプルを手にして、成形方法や用途展開等、講師に質問を投げかけていました。
e0197164_2225561.jpg

e0197164_2245390.jpg

この事業では、4機関が

     経営人材
     現場人材
     製品企画人材  066.gif

それぞれのステージ毎にきめ細かな、より実践的なセミナーや実習を四国4県の企業を対象に実施します。
e0197164_8412627.jpg

この事業を通して、CFRPに精通した人材が育成され、地域の企業において炭素繊維を活用した製品開発につながっていくことを期待しています。

なお、(公財)えひめ東予産業創造センター主催の第3回セミナーは、株式会社ジーエイチクラフト代表取締役木村氏をお迎えして9月12日(木)にリーガロイヤルホテル新居浜にて開催予定ですので、興味のある方は是非ご参加ください。
(第3回セミナーの詳細はこちら
以上、産業創出課でした。040.gif

by ehimeblog | 2013-08-29 21:42 | その他

<< 道の駅みま「みま米 新米まつり」 『24時間テレビ』で「瀬戸内し... >>