初開催!「先進事例研究会」!!

 10月29日、今治市民会館において、知事と20市町長が集まり、
初めて「先進事例研究会」を開催しました。

市や町が住民にとって、住みよいまちづくり、地域づくりのために
行っている特色のある取組みについて、
担当職員がプレゼンテーションを行いました。

〇今治市の「ラントゥレーベン大三島」の取組みです。
 テレビ等でも紹介された滞在型農園施設で、北海道から九州まで
全国各地の方の利用で稼働率100%以上。
利用をきっかけに大三島に移住された方も多数!
 
e0197164_18315433.jpg
 
 (参考URL)http://www.city.imabari.ehime.jp/nourin/rant/
  

〇伊予市からは「軽トラ市」・・・でも、軽トラは売っていません(笑)
 軽トラの荷台を利用した出店が立ち並び、
にぎわいづくりに一役買っています。
 伊予市では毎月最終土曜日に開催中。
 軽トラ市は久万高原町や西予市、松山市等にも広がりを見せています!
 
e0197164_18542487.jpg


〇松野町は、昨年度の南予いやし博で大人気であったキャニオニングを
始めとするアウトドア体験を核とした地域づくり。
 県内・四国のアウトドアスポットとの連携を行い、
海外からの誘客も目指すというプロジェクトです。
 
e0197164_9222211.jpg

 (参考URL)http://www.town.matsuno.ehime.jp/soshiki/4/kyanioning.html

 それぞれのプレゼン後は、首長の皆さんから活発な質問や、
今後の連携についての意見交換があり、大いに盛り上がりました。

 
 いずれの取組みも効果を上げていることもあり、
参加していた県・市町の職員も、新たな政策づくりに
大いに参考になったに違いありません。

市町振興課でした。

by ehimeblog | 2013-11-01 15:54 | 県庁の行事

<< 第72回愛媛県児童生徒発明工夫展 炭素繊維複合材料を活用出来る人... >>