「サイクリングしまなみ2013」を開催しました(その1)。

こんにちは。
2013年10月20日...
この日は忘れられないサイクリングイベントになりました。
西瀬戸自動車道(瀬戸内しまなみ海道本線)の今治インターチェンジから大島北インターチェンジの上下線を通行止めにして開催するサイクリングイベント。

スタートとフィニッシュの地点となる今治市の新都市第一地区会場から、しまなみ海道でつながる瀬戸内海の島々を巡る3つのコース。
大三島の約110km、伯方島の約60km、ファミリー向けの大島約40km。そして、しまなみ海道の絶景が舞台…。

秋晴れの爽やかな陽気で、サイクリング日和になると…信じていました。

ところが、秋雨前線と台風27号接近の合わせ技で、西日本は広い地域で前日から本降りの雨。
スタート会場も朝から空は鉛を塗ったように重く垂れ込め、スタート時にも大粒の雨が降っていました。
e0197164_11334096.jpg


そんな天候にもかかわらず、当日の出走者は2560人。最年少は9歳、最高齢は75歳。県外からも多くの地域から参加してくれました。

前日の19日、傘を差して受付に訪れた年配の夫婦は、「福井県から自転車を車の後ろに積んで、さっきここに着いたんですよ。しまなみは初めて」と笑顔を見せてくれました。

スタート方法は、第1から第6までのグループに分けて、5分おきに出走するウェーブ方式。2560人ともなると、1ウェーブ当たり約400人のサイクリストと400台の自転車…。

このイベントは、来年の本大会への道を開くためのプレ大会として位置付けられていて、それを実現させるために3つの条件をクリアする必要がありました。

1つ目は、高速道の交通規制は午前7時から10時まで。つまり3時間以内の利用遵守。
2つ目は、大規模な事故を発生させないこと…。
そして3つ目は、参加者へのおもてなし。
e0197164_11343131.jpg


それらを実現するため、今大会の運営スタッフは約1800人。大会専門スタッフや県職員のほか、今治市の職員、地元金融機関の方、さらに自衛隊、警備員、公募ボランティアの方々…などなど。

当日、多くのスタッフは深夜から自宅を出発し、夜明け前にメイン会場に続々と集合。
シャトルバスに乗り換えて、コース沿線やエイドステーションなどそれぞれの持ち場に移動し、肌寒い雨の中、合羽に長靴姿で黙々と作業を進めてくれました。 

コース中、特に利用3時間以内の交通規制がかかる今治インターチェンジから降り口となる大島南インターチェンジまでの高速道路上のスタッフは、サイクリストの安全対策のため、コーンやバー、テープを設置し、2560番目のサイクリストまで見届けたあと、いち早く資材とともに撤収する必要がありました。
その緊迫度と実行力は相当なものだったと思います。

華やかなファンライドの舞台裏では、言葉では言い尽くせないスタッフの苦労や奮闘がありました。
e0197164_1135501.jpg


そして午前8時4分。第1ウェーブが今まさにスタート。高速道通行止めから1時間が経過…。

スタートを知らせるホーンが鳴り響く中、ドイツの白いスポーツカーが先導。その後を排気量1000㏄以上はある大型バイク6台が安全確保のため、次々と通過していきます。

上空には5、6機の報道関係のヘリが機体の腹を見せながら旋回し、空撮していました。

会場は熱気に満ち、サイクリストのモチベーションは最高潮。ヘリや沿道のカメラマンに手を振る余裕を見せながら、来島海峡大橋の待つ今治インターチェンジ入口に向かって走ります。
e0197164_11365418.jpg


大会の運営本部テントは、スタート地点から約600m離れた、新都市の広大な敷地の一角に設けられました。
テント内には無線機や電話、パソコンなどが置かれ、ボードにはタイムスケジュールやコースの地図が大きく張り出されます。

また、サイクリストの運行管理のため、コース上の6地点に関門を設定。関門前にマットを敷き、その上を自転車が通過すればゼッケンの裏に取り付けられた計測チップが読み取られ、個々の通過時刻がパソコンに表示される仕組みです。

コース沿線各地のスタッフからの情報や計測値が無線や電話、パソコンに刻々と入ってきます。テントの中は電話のベルと人の声がわんわん響き、活気に溢れていました。

第一関門は、スタート地点から12.5kmにある来島海峡大橋の大島側で、高速道もほぼ終わりに近づく場所。そこの最終通過時刻は9時12分に設定されていて、最終グループの第6ウェーブはスタート地点を定刻どおり8時25分に出発していました。
e0197164_11394557.jpg

そして午前9時。高速道通行止めから2時間。
最後尾のサイクリストも9時12分までには第一関門を通過できる…今のところ順調だ…。誰もがそう思った矢先、今治インターチェンジ付近の現場スタッフから突如として無線が入ってきました。
つづく…

今治支局総務県民室でした。

by ehimeblog | 2013-11-11 14:42 | 愛媛のイベント

<< 「えひめ教育の日」推進フェステ... 南予周遊キャンペーン・レシート... >>