愛媛県美術館15歳Happy Birthday!

愛媛県美術館15歳Happy Birthday!

愛媛県美術館は今年で開館15周年を迎えました。たくさんのお客さまにお越しいただき一緒にお祝いしていただき、ありがとうございました!


 当館の名誉館長玉井日出夫(元文化庁長官)による講演会。「日本人の感性、美意識―クール・ジャパン」と題し、今日本が世界へ発信している様々な文化が海外でどのように評価されているか、そして今後の課題など、話が広がりました。
e0197164_14512.jpg




美術館のガラス面にはお客様からの温かいお祝いの言葉が連なって、美術館をラッピングするお祝いのリボンが完成しました。

 前庭では、「手づくりワークショップ」。こちらは女子美術大学同窓会の皆さんによるコーナーで、タペストリーやフェルト、切り紙、染色など盛りだくさん開催しました。

 こちらはfunny clownミントさんによるバルーン・アートのコーナー。かわいらしい風船にみんな大喜びでした!

 そして美術館アトリエ同好会によるコッパでスタンプコーナー。身近な木端を使って自由な発想で素敵な作品がつくられていました。

 そして毎年恒例になってきた大人気イベントがこちら、「大地は大きな黒板だ!Part3」。広い石畳にチョークでお絵かきができます。

e0197164_1455248.jpg

 館内でもいろいろな催しが行われましたよ。まずはこちら垣生悠比子(はぶ・ゆいこ)さんによるピアノコンサート。

 ミュシャ展のこと、美術館のお祝いのことなどを意識しての選曲で、ドビュッシーの「アラベスク 第一番」やリストの「ラ・カンパネラ」など美しいピアノの音が館内に響いていました。

 ミュシャ展会場でも、当館恒例のガイドボランティアスタッフによる対話型鑑賞法の作品鑑賞が行われました。こちらは毎週日曜日11時からミュシャ展の会期中(ただし12月29日はのぞく)開催いたしますので、またぜひ関心のある方はこのタイミングでミュシャ展にお越しください。

 そして、同じくガイドボランティアさんが登場の「たんけんはっけんコレクション」。今回のお題は「びっくりしたところは?」。いっしょに作品をじっくりみて話し合うことによって作品の魅力を発見していきます!

 現在、所蔵品展で開催中の展示が、その名も「学芸員によるこの一品」。学芸員がそれぞれ作品を一品ずつ選んで解説とともに展示しています。24日はそのスペシャル版ということで、それぞれ本人が作品の前でお話をするというフロアレクチャーを行いました。作品の選定にも個性が表れて、なかなか面白い展覧会になっています。

 最後に・・・15年間の美術館の道のりを記録写真でたどった「美術館アーカイブ」を、展示室の入口で一日上映いたしました。たくさんの展覧会や催しを通して、人や作品とのいろいろな出会いがたくさんありました。
 美術館が15周年記念日を迎えることができたのもたくさんのお客さまのおかげです。

 これからも、愛媛県美術館をどうぞよろしくお願いします!!
→愛媛県美術館ブログhttp://ehime-art.blogspot.jp/

by ehimeblog | 2013-11-28 15:00 | 愛媛のイベント

<< ”先輩職員と語ろう!” 愛... サイクリングしまなみ2013を... >>