平成25年度農林水産研究所研究成果等の展示

 農林水産研究所(企画環境部、農業研究部、果樹研究センター、みかん研究所、畜産研究センター、養鶏研究所、林業研究センター、水産研究センター、栽培資源研究所)で開発した新品種や研究成果の一部を『県庁ロビー展』で紹介しています。
 2月7日(金)14:00まで展示していますのでぜひご覧ください。

 展示内容
 (1)【企画環境部・農業研究部】
  ○デルフィニウム新品種‘さくらひめ’
  ○はだか麦 期待の品種‘ハルヒメボシ’‘ユメサキボシ’
  ○底面給水を応用した野菜栽培プラント
  ○新しいミニ野菜の栽培技術
  ○有機農業の栽培マニュアル
  ○果実の機能性成分を非破壊で測定する新技術
 (2)【果樹研究センター・みかん研究所】
  ○愛媛のオリジナルかんきつ‘甘(かん)平(ぺい)’
  ○愛媛のオリジナルかんきつ‘媛(ひめ)小春(こはる)’
  ○カンキツの皮をきれいに剥く新しい技術
 (3)【畜産研究センター・養鶏研究所】
  ○青汁(ケール)搾り粕の飼料利用
  ○天然素材を活用した衛生管理技術
  ○媛(ひめ)っこ地鶏による地域の活性化
 (4)【林業研究センター】
  ○スギ大径材から製材した、髄を含まない柱材の曲がり  
  ○ニホンジカの食害を防除する資材の紹介  
 (5)【水産研究センター・栽培資源研究所】
  ○マダイ養殖の飼料コスト削減に向けて
  ○アサリの<浮遊幼生>みーつけた!
e0197164_17342066.jpg
e0197164_17344232.jpg
e0197164_17345658.jpg
e0197164_17561215.jpg
 

 農林水産研究所企画環境部企画調整室でした。

by ehimeblog | 2014-02-05 17:58 | 県庁の行事

<<  「第1回法人会媛(ひめ)の会... “陽だまり気分”をテーマに、愛... >>