炭素繊維複合材料を活用出来る人材の養成を目指して(その7)

3月10日(月)、11日(火)にえひめ産業振興財団主催の

「炭素繊維強化プラスチック製品企画実習」

が開催されました。この実習は、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)を活用出来る人材の養成を目指す「四国地域炭素繊維加工高度人材養成事業」(国補助金)の一環で開催するもので、今回は、愛媛大学Car-bon工房と産業技術研究所で行われました。

参加された企業の方は、シート状の炭素繊維を裁断・成形したり、引張試験をするなど、盛りだくさんの実習に真剣に取り組んでいました。
e0197164_17293212.jpg
e0197164_1729499.jpg
e0197164_17301159.jpg

また、産業技術研究所の研究員が、オートクレーブ(高圧力をかけながら加熱し、炭素繊維強化プラスチックを成形加工)や精密切断機など、CFRPの成形や加工に利用できる機器について紹介しました。
e0197164_17305336.jpg

今回の実習をもって、今年度の「四国地域炭素繊維加工高度人材養成事業」のプログラムが全て終了しました。今後、産業技術研究所では、産学官共同研究などにより、セミナーや実習に参加された企業のCFRPを活用した製品開発を支援していきます。
以上、産業創出課でした。040.gif

by ehimeblog | 2014-03-12 14:17 | その他

<< 愛媛県武道館で教室発表・体験会... 長高水族館 >>