「川まつり・筏流し」

4月24日(日)、内子町川登地区の伝統行事「川まつり・筏流し」に行ってきました。

e0197164_136284.jpg

ここは、内子町の道の駅「フレッシュパークからり」から国道379号を小田方面に約14㎞行ったところにある「川登筏の里交流センターいかだや」です。

e0197164_1365658.jpg

「いかだや」(0893-59-9900)は、廃校になった小学校を改装して、この地域に残された遍路宿を再現。

滞在しながら、農村の暮らし体験や小田川で川遊びが楽しめる宿泊施設です。

e0197164_1372370.jpg

その「いかだや」の前を流れる小田川のほとりで、第26回「川まつり・筏流し」が行われました。

「小田川流し唄」に合わせて、地元の女性による「筏踊り」でオープニング。

e0197164_1382084.jpg

風流ないい唄です。歌い手さんの声もよかった。

e0197164_138373.jpg

筏に勢ぞろいした船頭さんたち。

この地域では、明治期から大正を経て昭和20年代まで、木材を筏に組んで小田川を流し、肱川を経て、長浜港まで2日をかけて運搬していたようです。

川登自治会の皆さんの手で、清流小田川のシンボルとして、これを再現したのです。

e0197164_139054.jpg

川まつりの参加者による「体験筏流し」。ちょっと不安そうなカップルも。

e0197164_1391318.jpg

外国人留学生(?)も参加。

e0197164_139403.jpg

子どもたちには、いい自然体験になりました。

e0197164_1310299.jpg

川沿いでは、地元の特産物の販売も。

e0197164_1310182.jpg

名物のうどんは、食べ放題で300円。おいしかった。

e0197164_13103984.jpg

鍋からあつあつを、直接食べる人たちも。

e0197164_13105736.jpg

川沿いでは、子供たちが岸辺の小魚や昆虫採取など、川遊び。

子供も大人も1日楽しめた「川まつり・筏流し」でした。

うちこグリーンツーリズム協会では、南予いやし体験プログラムとして、小田川を舞台に「川くだり体験」、「川遊び体験」を実施しています。
<川くだり体験>
 ・実施期間 4月15日~5月31日
 ・内容   ガイドと共にボートで小田川を下ります。
<川遊び体験>
 ・実施期間 7月15日~8月31日
 ・内容   川泳ぎ、ボートこぎ、水中観察など小田川の魅力を体験。

※問い合わせ・申し込み先 うちこグリーンツーリズム協会(0893-44-2118)

ご家族やお友達と一緒に、清流小田川でゆっくり過ごしてみませんか。

南予地方局八幡浜支局から、ポッチーくんがお届けしました。

by ehimeblog | 2016-04-28 13:13 | 愛媛のイベント

<< 佐田岬灯台プレミアム100「第... 「愛の国」CNF関連産業振興プ... >>