ツール・ド・なんよ8days

こんにちは。

楽しみながら愛媛マルゴト自転車道の魅力を広めたいと思っている土木部のサイクリングチーム「チームしまなみ」です。

今回は、「えひめ いやしの南予博2016」が開催中の南予エリアで、「ツール・ド・なんよ8days」に参加しました。

「ツール・ド・なんよ8days」とは、南予エリアの愛媛マルゴト自転車道を自分のペースでゆったりと巡るスタンプラリーです。

決められた8日のうち好きな日に、道の駅等のチェックポイントを回り、集めたスタンプ数に応じて県の特産品が抽選で当たります。

それぞれの愛媛マルゴト自転車道ではブルーラインが目的地へ導いてくれるので、迷うことなく安心して進むことができます。
e0197164_924767.jpg


4月23日(土)は愛媛マルゴト自転車道のひとつ【伊予灘・佐田岬せとかぜ海道】を、八幡浜市内から伊方町三崎までの往復約90kmサイクリングしました。

コースの佐田岬半島はアップダウンが厳しく、何度も心が折れかけました。
e0197164_931285.jpg


しかし、坂を上り切ったところでは、壮観な風車をバックに「ノッてる!ガールズEHIME」ポーズを爽やかに決められて(?)、疲れは風とともに飛んでいきました。
e0197164_935366.jpg


(参考写真)
「ノッてる!ガールズEHIME」Facebookページより
e0197164_942234.jpg


続いて、5月22日(日)には、【宇和島・四万十だんだん街道】を宇和島市三間から高知県四万十町十和まで往復約80kmサイクリングしました。

県境を越えるコースですが、意外にアップダウンは少なく、初サイクリングの職員も完走することができました。

鬼北町では、鬼王丸ににらまれて、嫌でも気合が入ります。
e0197164_951026.jpg


高知県に入ると、四万十川に架かる沈下橋で、川に落ちないよう気を付けながら、愛顔(えがお)の記念撮影
e0197164_953646.jpg


南国高知はやはり暑かったですが、本県から高知県へ出向中の職員(写真左)や、徳島県から本県に出向中の職員(右)も参加し、このとおり元気いっぱいです。
e0197164_955551.jpg


さて、期間限定イベント「ツール・ド・なんよ8days」は残念ながら5月22日に終了しましたが、「えひめ いやしの南予博2016」がまだまだ続く南予エリア。

美しい景色や美味しい食べ物がたくさんありますので、健康・友情・生きがいをもたらしてくれるサイクリングを楽しみに、ぜひ皆さんもお越しください。
e0197164_962650.jpg


なお、愛媛マルゴト自転車道について、詳しくはこちらをご覧ください。
ehime-cycling.jp/


以上、チームしまなみでした。

by ehimeblog | 2016-05-26 09:10 | 愛媛のイベント

<< 「えひめ愛顔(えがお)あふれる... 今治支局サイクリング同好会 ~... >>