今治ラヂウム温泉見学に行ってきました♪【国の登録有形文化財】

こんにちは!!(^^)!

 今治市の「今治ラヂウム温泉」の見学に行ってきました。滅多にない機会ということで、うきうきしながら現地(今治市共栄町)へ。

e0197164_9411111.jpg


 「今治ラヂウム温泉」は、昭和2年に大島出身の実業家・村上寛造氏により「孫末代まで残るものを」との想いを込めて建築された三角屋根と2つの八角ドームが目を引く、ユニークな建物です。長く今治のランドマークとして市民に愛され、平成26年4月まで現役の銭湯として営業していました(現在は休業中)。また先月、【国の登録有形文化財】に登録され、今熱い観光名所の一つとして、注目を集めています。

 この日は、特別に、普段は見学できない内部を見せていただくことができました。
 当時の技術の最先端を使用した、浴場のドーム天井!!声の反響が心地よく響きます。
 
e0197164_9433780.jpg


e0197164_9435464.jpg


 かつてホテルとして使用されていた3階部分は、各部屋の天井のデザインが異なり、センスの良い造りがとても素晴らしかったです。

 そして今回は特別に、ボイラー室の中も見せていただきました。 
 
e0197164_9441865.jpg


 多数のバルブを目にし、一つ一つどのように使うのだろう??と昭和の情景に思いを馳せることができました。
 
 最後にドームや煙突等の見どころがすべて写った最高の一枚を添付します。

e0197164_9445111.jpg
 

 村上寛造氏の子孫の方を中心に、色々な機関の方々と協力して、活用方法や多くの人に見ていただけるよう活動を行っていくそうです。

 今治地方のますますの活性化に期待を高めながら、みんなで「今治ラヂウム温泉」を応援しましょう!!

 以上今治支局商工観光室でした。

by ehimeblog | 2016-08-18 09:46 | 東予地方の観光

<< 【参加者募集】9/11(日)エ... 大洲のうかい >>