土木の戦略的広報in三崎高校

八幡浜支局管内の土木事務所では、平成27年から土木の魅力を知ってもらうため、戦略的広報と銘打って土木の魅力の発信に努めています。
今年度は、三崎高校で1月31日に実施しました。

当日は、三崎高校にて施工している法枠工事の概要、三崎港海岸津波対策事業及び大洲・八幡浜自動車道の概要について説明を行いました。
e0197164_9335578.jpg

現在校庭で施工している工事の様子も写真を用いて説明しました。
e0197164_10585846.jpg

この工事を行うことで、山が再度崩れてくるのを防ぐ効果があります。
e0197164_9241528.jpg

説明資料にあった普段見ることのできない山の上からの三崎高校の景色は、先生と生徒に好評でした。

三崎港海岸の津波対策事業では、津波に対応するため既存の擁壁の嵩上げを実施していることを説明しました。
e0197164_9315959.jpg

  ※緑が既存の擁壁、赤色が嵩上げした擁壁となります。

大洲・八幡浜自動車道の概要説明では、将来的にどのような道が出来るのか説明を行いました。
e0197164_9155152.jpg


八幡浜支局管内の土木事務所は、引続き土木の魅力発信に取り組んでいきます。

以上、八幡浜土木事務所建設企画課と大洲土木事務所河川港湾課でした。

by ehimeblog | 2017-02-10 12:00 | 県庁の行事

<< 銀天街商店街の飲食店で障がい者... 公共土木愛護事業パネル展を開催... >>