カテゴリ:愛媛の文化( 68 )

とべりて展 ―つむぐ―

「とべりて」をご存知ですか?
砥部焼の若手女性作家7人のグループで、女性ならではのアイデアを活かして、砥部焼のPR活動や商品開発など、活発な活動をされています。

e0197164_15225869.jpg


結成から2年半、「―つむぐ―」と題したこの展覧会は、これまでに紡いできた様々な縁、そこから生まれたモノ・・砥部焼への想いを感じてほしいとのことから開催されているそうです。

e0197164_1524629.jpg

e0197164_15343640.jpg


会場には、列車「伊予灘ものがたり」、ホテル「ふなや」、「花ゆづき」などとコラボして創作された作品がずらり。会場中央には、真珠をあしらった砥部焼のティアラが並びます(*´∀`*)ノ。+゜*。キラキラ

e0197164_1525927.jpg


そして、会場に花を添えているのは、松前町に圃場がある竹中園芸の竹中伸枝さん。陶芸女子だけじゃなく、農業女子もがんばっていますね!

e0197164_15293881.jpg

e0197164_15312417.jpg


とべりて展は、9月27日(日)まで、砥部焼伝統産業会館で開催されています。24日(木)はお休みです。

問い合わせ
砥部焼伝統産業会館
TEL 089-962-6600

by ehimeblog | 2015-09-18 17:00 | 愛媛の文化

東京で見つけた愛媛 その8~新田義貞の銅像の秘密~

今回は東京からちょっと離れますが、写真は群馬県南東部の太田市にある、生品神社(いくしなじんじゃ)。
e0197164_23392494.jpg

ここは、1333年、新田義貞が鎌倉幕府を倒すため挙兵した地です。
境内には、その時に軍旗を掲げたと伝わる木も残っています。

e0197164_2343113.jpg




銅像もありました。



ここで挙兵した義貞は、その勢いで鎌倉に攻め込み、幕府を滅亡に追い込みました。










後醍醐天皇による建武の新政の立役者となった義貞ですが、その後は南朝方の武将として足利尊氏と争い各地で転戦、最後は越前で討死しました。

その義貞を常に支え、一緒に戦っていたのが、実弟の脇屋 義助(わきや よしすけ)。

義助は義貞の死後、西国での勢力を回復すべく、南朝方の総帥として伊予に派遣されました。
しかし、今治に到着した直後、病にたおれ急逝。

現在、その今治市国分寺には、義助の立派な墓(廟堂)があります。
e0197164_0161045.jpg

場所は、四国霊場59番札所、国分寺のすぐ裏手。

ちなみに、義助の死後、これを好機と見た北朝方は大軍をもって伊予に侵攻。
40日余り熾烈な攻防が続きましたが、ついに世田城(西条市)・笠松城(今治市)が落城し、北朝方の勝利に終わりました。

都から遠く離れた愛媛でも、南北朝の激しい戦いが行われたんですね。
(参考:現地説明看板)

さて、先に紹介した生品神社の新田義貞の銅像。
作者は、千葉県在住の彫塑家、脇谷幸正さん。
なんと、今治で亡くなった脇屋義助から24代目のご子孫だそうです!!

健さんのレポートでした。

東京で見つけた愛媛
その1 『子規庵』はこちら
その2 『野間馬』はこちら
その3 『楠木正成像』はこちら
その4 『秋山真之終焉の地』はこちら
その5 『浅草寺』はこちら
その6 『正岡子規記念球場』はこちら
その7 『深大寺の句碑』はこちら

by ehimeblog | 2014-06-27 00:42 | 愛媛の文化

リアルな瀬戸内戦国ラノベ「戦国ぼっち2」

猛暑が続く今年の夏、涼しい場所で本を読むというのもありですよね。
私も最近、ライトノベル、略してラノベというものにはまっていまして、
特に戦国時代を舞台にしたものを読んでいます。
そこで、見つけたばかりの1冊をご紹介したいと思います。

瀧津孝さんが出された「戦国ぼっち2」です。
「戦国ぼっち」は瀧津さんによるラノベ・デビュー作です。
その第2弾が先ごろ発売となったのですが、
今回は、美しい海と島々が織りなす絶景が魅力の瀬戸内海が
舞台
となっているのです。


詳しくはここで書くことができませんが、
大山祇神社、村上水軍、道後温泉といった
愛媛の歴史文化を代表するキーワード
のもと、
息もつかせぬ物語が展開されます。

また、リアルさをおぼえる描写に驚いたのですが、
巻末に愛媛県立図書館ほかへの謝意が書かれていることから、
現地に赴き詳細に情報収集をされていることがわかりました。


e0197164_9215483.jpg

(カバー写真にだまされてはいけません。ラノベ以外の読者層の
 期待にも応えられる内容です!!)


なお、瀧津さんの著書としてはほかに
「乙女のための名将言行録」という
戦国の名将たちの生きざまを描いた逸話集もあります。

秋の夜長ならぬ猛暑の中の読書というのもいかがでしょうか。


以上、六文銭でした。

by ehimeblog | 2013-08-15 12:00 | 愛媛の文化

総合運動公園「中堀貞五郎展」の開催について

愛媛県総合運動公園管理事務所1階ロビーにおいて、

上島町民などでつくる「中堀貞五郎顕彰会」の主催による

『中堀貞五郎展』が開催されています。

e0197164_17522221.jpg


中堀貞五郎氏とは、松山中学や弓削商船学校の教壇に立ち、夏目漱石の小説「坊ちゃん」に登場する「うらなり」のモデルといわれている人物です。

また、松山中学時代の教え子には、文部大臣などを務めた安倍能成や非戦論者の水野広徳などがおり、安倍能成著の「我が生ひ立ち」の中では、「コットリ、コットリと音をたてゝ歩くことから、『コットリさん』」といふ仇名を生徒から奉られた。」と中堀氏のことを記載しています。

今回の展示会には、中堀氏のさまざまな顔を紹介するコーナーや、漱石ともに教壇に立った愛媛県尋常中学校時代の写真など数多くの資料が展示されています。

こちらがその様子です。

e0197164_17524787.jpg


e0197164_17532543.jpg


e0197164_17534796.jpg


是非、この機会に総合運動公園に足を運ばれて、
「うらなり」のモデルにもなった中堀貞五郎氏について興味をもってみませんか!?

開催期間は、3月24日(日)までの午前9時から午後5時までとなっています。

入場は無料ですが、公園内の駐車場に駐車される場合は、駐車場代300円が必要ですので、ご了承ください。

詳しくはこちら↓
〒791-1136 松山市上野町乙46番地
愛媛県総合運動公園
電話:089-963-3211

都市整備課でした。

by ehimeblog | 2013-03-08 16:00 | 愛媛の文化

県立都市公園のgoogleのマップストリートビュー公開について

県立都市公園の

『とべ動物園』『道後公園』

『南楽園』、 『紫電改展示館』

Googleマップのストリートビューでご覧頂けるようになりました。

ストリートビューとは、Googleが提供するGoogleマップの機能の一つで、
街中や観光名所、大学内などをその場にいるかのように360度パノラマ写真で
ご覧いただけるサービスです。

Googleマップのストリートビューで、実際に公園や施設内を歩くようにバーチャル探索を楽しんでみてはどうですか?

〇とべ動物園はこちら ↓ をクリック!

        『とべ動物園』

〇道後公園はこちら ↓ をクリック!

        『道後公園』

〇南楽園はこちらを ↓ クリック!

        『南楽園』

〇紫電改展示館はこちら ↓ をクリック!

        『紫電改展示館』

[操作方法]
 〇歩行…画面上に表示されている白い矢印をクリックするか、
     キーボードの上下の矢印キーを使用します。

 〇回転…左上にあるコントロールパネルのホイールを使用するか、
     キーボードの左右の矢印キーを使用するか、
     マウスでドラッグするかします。

都市整備課でした。

by ehimeblog | 2013-03-05 17:50 | 愛媛の文化

みきゃんの「ちょっとお邪魔します!」

こんにちは。
愛媛県イメージアップキャラクターの「みきゃん」です。

今回は、ひめぎんホールで開催された「地域伝統文化キッズ・カーニバル」に行ってきたけん!
ホールでの舞台発表や県民プラザなどでも色々な展示や体験コーナーがあって、みきゃんも、子どもたちと一緒に伝統文化に触れたよ。

かるた、楽しそう!
e0197164_1617992.jpg

和太鼓、すごい迫力。ポーズも決まってる~!
e0197164_16172469.jpg

なんと!みきゃんもお茶に挑戦!
e0197164_16173845.jpg

子どもたちと一緒に閉会宣言(子どもの後ろで)。
e0197164_161748100.jpg

「来年も色々な伝統文化にチャレンジするけん!」と心に誓った「みきゃん」でした。

by ehimeblog | 2013-02-26 08:30 | 愛媛の文化

愛媛に伝わる狸伝説とは・・。

愛媛に、日本三大狸伝説の一つがあることをご存知ですか?

それは、松山市久谷地区に伝わる「伊予八百八狸物語」。地元の皆さんが、この伝説をもとに歌舞伎舞踊を創作し、伝統文化として根付かせようと子どもから大人まで一丸となって頑張っておられます。

その「伊予八百八狸保存会」が、本県第1陣として、先日から始まった山梨県の第28回国民文化祭(地歌舞伎の祭典)に出演されました。
e0197164_16231766.jpg

山梨の会場では、子どもたちの一生懸命な踊りに観客席が魅了され、演技が終わると、拍手喝采がわき起こったそうです。

国民文化祭は、様々な文化活動を全国規模で発表する場として昭和61年度から開催されていて、愛媛でも平成2年に開催されているんですよ。
これから出演される皆さんにも、日頃の成果を存分に発揮し、
愛媛文化の質の高さを全国の皆様にアピールしていただきたいですね。
e0197164_16311310.jpg
ちなみに、伊予八百八狸保存会は、
 
今週末2月24日(日曜日)にひめぎんホールで開催する 
 「地域伝統文化キッズ・カーニバル」    
 に出演します。ほかにもいろんな分野の伝統文化を学ぶこどもたちが成果を披露しますので、ぜひお越しください!

キッズカーニバルはこちらから

文化・スポーツ振興課でした。

by ehimeblog | 2013-02-19 15:00 | 愛媛の文化

だれでも語れるお伽座の語り 二

 「お伽座」が、“だれでも語れるお伽座の語り 二”を作ったんよ。民話や昔話を伊予弁で書いとるんよ。介護施設で語りの会をすると、みんなええ表情になるけん、これ使こうて、だれでも語り手になってほしいんじゃと。
 5年前に作った“だれでも語れるお伽座の語り”は売りよるんじゃけど、これは愛媛県「三浦保」愛基金からの補助金を使こうたけん無料でもらえるんよ。
 福祉施設に配るんじゃけど、ちいとは希望者にも分けれる言われよるけんほしい思たらお伽座に聞いとうみや。冊子は無料やけど、送料などはいるんよ。定期講演もやりよるけん行ってみたらええぞなもし。
 お問い合わせ先 お伽座 代表 大亀 TEL&FAX 089-945-4688
e0197164_11101265.jpg
 

保健福祉課でした。

by ehimeblog | 2013-01-16 11:30 | 愛媛の文化

えひめ生涯学習“夢”まつりを開催しました!

 11月24日(土)、25日(日)の2日間、ひめぎんホールで

を開催しました。
 このお祭りは、日頃から生涯学習に取り組む団体やグループの皆さんが、学習の成果をステージで発表したり、体験コーナーを設けて、ご来場の方々に体験し、楽しんでいただいたりする生涯学習における県内では一番大きなイベントです。


058.gifオープニング058.gif
 「みかん一座」とキャラクターによる素敵なパフォーマンスで、幕を開けました。
e0197164_15461966.jpg



070.gifステージ発表では070.gif
 過去最多の37団体が、ステージでダンス・合唱・演奏などを発表しました。
 フラダンスの皆さん。ダンスも衣装も、とても素敵でした。
e0197164_15464049.jpg



056.gif体験コーナー・特設コーナーでは056.gif
 フラワーアレンジメント、クリスマスクラフト作り、バトントワリング、けん玉体験など、皆さんが楽しみながら交流を図る15ブースが出展されました。また、県の生涯学習センター、歴史文化博物館、総合科学博物館などが、ゲームコーナー・クイズコーナー、万華鏡づくりなど、親子で楽しめる自慢のプログラムをご提供しました。
e0197164_1547079.jpg



053.gif2階ロビーでは053.gif
 宮川大助・花子さんの「学んで・お笑いラジオトークショー」を行いました。(みきゃんの左耳のケガを治療してくださった「花子さん」と記念撮影です。)
 さらに、県立図書館のスタッフや地域の読書ボランティアによる「おはなし会」や、図書館が所蔵している昭和30~60年代の「レコードジャケット展」は、地味なのに大盛況でした。
e0197164_15472749.jpg



 学びを発表・学ぶを体験・夢を感じた2日間。たくさんの方々にお越しいただき、誠にありがとうございました。ぜひ、来年もお越しください。

 生涯学習課でした。

by ehimeblog | 2012-11-30 17:00 | 愛媛の文化

「愛媛県総合運動公園出土遺物里帰り展」の開催について

愛媛県総合運動公園管理事務所1階ロビーにおいて、
『愛媛県総合運動公園出土遺物里帰り展』が開催されています。

この展示会は、(公財)愛媛県埋蔵文化財センターと愛媛県総合運動公園が主催となり、「えひめこどもの城」建設に伴う埋蔵文化財調査で見つかった出土遺物を里帰りさせ、それらを展示しているものです。

西野春日谷遺跡や通谷池2号噴出土の埴輪や壺をはじめ宝珠様のつまみを持った高杯の蓋や須恵器の装飾人物像など約80点にも及ぶ遺物が展示されています。

こちらがその様子です。

e0197164_1548460.jpg


e0197164_15481428.jpg


e0197164_15482169.jpg


e0197164_1548275.jpg


これらは、今回が初めての展示となり、非常に貴重な遺物ばかりなので、
是非、この機会に総合運動公園に足を運ばれ、実物を鑑賞してみませんか。

開催期間は、11月22日(木)までの午前9時から午後5時までとなっています。

入場は無料ですが、公園内の駐車場を利用される場合は、駐車料金300円が必要となりますので、ご了承ください。

詳しくはこちら↓
〒791-1136 松山市上野町乙46番地
愛媛県総合運動公園 http://www.epsc.jp/
電話:089-963-3211

都市整備課でした。

by ehimeblog | 2012-11-06 14:35 | 愛媛の文化