<   2011年 01月 ( 44 )   > この月の画像一覧

経ガ森(きょうがもり)トレッキング!

松山市の北西部にある、経ガ森(203m、高浜町・太山寺町付近)をトレッキングしました。

52番札所、太山寺(たいさんじ)の本堂裏側から登山開始。
この日は夕方から晴れ、太山寺から白銀の石鎚山を望むことができました。
e0197164_0272754.jpg

20分ちょっとで山頂へ。
標高は低いものの、瀬戸内海の島々から遠く広島県まで、眺望は抜群です。
e0197164_034815.jpg

松山城もばっちり
e0197164_0353850.jpg

だんだんと日が沈んできました。
手前右側の小さな島が、「坊っちゃん」に出てきた「ターナー島」です。
e0197164_0385565.jpg

黄金の海に見えました。
e0197164_0393334.jpg


 健さんのレポートでした。(1/2撮影)

by ehimeblog | 2011-01-05 08:30 | 中予地方の観光

“婚活のカリスマ”来る!これで、モテ男・モテ女に変身!!

e0197164_16543833.jpg

 平成20年11月に開設した「えひめ結婚支援センター」では、2周年を記念し、
マスコミ等で活躍中の“婚活のカリスマ”大橋 清朗氏を招いて、スペシャルセミナーを開催します。


 セミナーは2部構成で、1部は独身男性限定、2部はどなたでもご参加頂けます。

 講師の大橋 清朗氏は、名古屋市にあるNPO法人花婿学校の代表をされており、多忙のためなかなかお越し頂けなかったのですが、今回、ようやく愛媛に来て頂くことが出来ました。

 このセミナーを通じて自分の魅力を(ますます)高め、今後の婚活、だけでなく日々の生活に活かしていただければと思います。
 
 特に独身男性は、1部、2部を通して参加してみてはいかがでしょうか?

 セミナーの詳細は、以下のとおりです。
  ☆日 時  平成23年1月22日(土)
         ・1部・・・独身男性限定    13:00~14:00
                『結婚できる男になる』
         ・2部・・・どなたでも参加可能 14:15~15:45
                『de愛イベントにはツボがある』
  ☆場 所  愛媛県美術館 1F 講堂(松山市堀之内)
  ☆定 員  120名(先着順で定員になり次第締め切ります)
  ☆問合せ  えひめ結婚支援センター
           http://www.msc-ehime.jp/

   子育て支援課からでした。

by ehimeblog | 2011-01-04 17:04 | 愛媛のイベント

「愛鯛(あいたい)」に会いたい!

明けましておめでとうございます。
今回は、新春にふさわしい「めでたい(鯛)」話題をお送りします。

先日、雑誌の取材に同行し、「愛」あるブランドにも認定されている「愛鯛」の養殖現場に行ってきました。
鯛は愛媛県の県魚でもあり、愛媛県は養殖マダイ生産量全国1位なんですよ!

今回お邪魔したのは、宇和島市津島町北灘の養殖場です。当日は快晴!風も弱く、絶好の撮影日和となりました058.gif

船に乗せていただき、「愛鯛」を養殖しているイケスへ。
e0197164_1145942.jpg


イケスの大きさは12×12×12メートル、こちらのイケスには養殖1年目の鯛たちが入っています。
e0197164_10594398.jpg
通常の養殖より、ひとつのイケスに入れる稚魚を少なくすることで、魚たちがぶつかって傷ができたり、ストレスがかかったりしないようにされているんだそうです005.gifまた、エサや飼育環境にもこだわり、愛情をたっぷり注いで育てられています016.gif

「愛鯛」のこだわりについて、詳しくはこちらをご覧ください(「ネオメイト会」のホームページへ)。

こちらは「愛鯛」を養殖されている大塚さん。
e0197164_1056143.jpg
出荷するまでに約3年かかり、1.5キロ~2キロを目安に出荷されるそうです。手にされているのは、3年もの!大きいです!!

e0197164_1154557.jpg

水揚げ後、すぐに活き〆しないと、鮮度が落ちてしまうのだとか…。大塚さん、素早い手つきで処理されていました。

この「愛鯛」をさっそく調理してくださるとのこと!
e0197164_12421330.jpg
次回は、漁師さんの「愛鯛」料理をご紹介します011.gif

広報広聴課でした。

「愛」あるブランド産品についてはコチラ(えひめ愛フード推進機構のホームページへ)

by ehimeblog | 2011-01-04 11:20 | 愛媛の食

いきもの便り ~お正月~

明けましておめでとうございます。
さて、お正月、よーく眺めてみると生物多様性と深く関係していますね。

まず、門松は、松や竹とおめでたい植物やナンテンなどで飾りつけをしているものが多いですね。
県の施設の門松を巡ってみると・・・

愛媛県武道館。
県内産の木材をふんだんに利用し、愛媛らしさあふれる施設ですよね。
e0197164_1782697.jpg

県立とべ動物園。
愛媛にいながら、世界中の生き物を見たり、ふれあうことができますね。
e0197164_179365.jpg

e0197164_1794410.jpg


県総合運動公園陸上競技場
(ニンジニアスタジアム)。
「めざせ!!愛媛国体」力強いですね。

そういえば、短距離走のスタートスタイルや水泳の「ドルフィンキック」などは
いきものそのものを真似たものだし、

以前話題となった、サメの肌を参考にした高速水着など、
スポーツもいきもののお世話になっていますね。




門松の次は、おせち料理といたしましょうか。
それぞれの料理にも意味があるそうです。
例えば、・・・。
e0197164_17122426.jpg

黒豆:一年中まめに働き、まめに過ごせますように。
田作り:稲の豊作、五穀豊穣を願う気持ち。
紅白なます:紅白のおめでたい色は水引を表したもの。
里芋:子芋がたくさんつくことから子孫繁栄を願って。
レンコン:穴が開いていて遠くが見渡せるように。
e0197164_17125193.gif

自然保護課 いきもの係からのお知らせでした。

by ehimeblog | 2011-01-04 08:40 | 愛媛の暮らし