<   2011年 10月 ( 49 )   > この月の画像一覧

愛媛の銅像・石像 プロファイル №7

県内各地に、愛媛県にゆかりの歴史上の人物が、
銅像や石像になって、現代に蘇っています。

そんな偉人たちを巡る旅、「愛媛の銅像・石像」

さて、7回目の今回は、村上元吉(もとよし)の石像です。
前回紹介した村上武吉(たけよし)の息子です。

歴史好きならご存知ですよね。
息子も、もちろん日本一の海賊です。

e0197164_15471039.jpg

元吉(もとよし)といえば、何といっても木津川沖の海戦でしょう。

1576年、天下統一を目指す織田信長は、
大阪の石山本願寺を兵糧攻めにしました。
本願寺から毛利に対し救援要請がきて、兵糧を運び入れる事となり、
毛利に従って、村上水軍も一緒に行くこととなりました。

大阪湾を海上封鎖していた織田の水軍との海戦になり、
毛利軍は、村上水軍の巧みな操舵の技術などで織田軍を圧倒し、
兵糧搬入という目的を果たす結果となりました。
この戦いで、村上水軍の名を全国にとどろかせました。

e0197164_15472772.jpg

     profile №7 : 村上元吉公   
     場  所  : 村上水軍博物館(今治市宮窪町)
     大 き さ  : 大きくて測定できませんでした。
     撮  影  : 歴りんりん

ただ、2年後の第二次木津川沖の海戦では、
信長が造らせた鉄甲船(てっこうせん)を操る、
九鬼義隆と滝川一益の軍に、こてんぱんにやられてしまいました。

私がしていた戦国時代のゲームでも、鉄甲船は無敵でしたね。
それより、九鬼と滝川の水軍って、かなりゾクゾクしますね。

歴りんりんでした。

村上水軍博物館

プロファイル №6 村上武吉公
プロファイル №5 義農作兵衛之像
プロファイル №4 加藤嘉明公
プロファイル №3 鍵谷カナ媼之像
プロファイル №2 河野通有公像
プロファイル №1 旅だち「正岡子規」

by ehimeblog | 2011-10-31 08:30 | 愛媛の文化

地産地消促進プロジェクト「愛媛産で”おいしいいね!”」始動!

愛媛県のおいしい農林水産物、皆さんはいくつ言えますか?

『柑橘王国・愛媛』と言われてはいるものの、愛媛県はみかんだけではありません。

最近有名になってきた『紅まどんな』をはじめ、いちごの『あまおとめ』や、里芋の『伊予美人、豚肉の『愛媛甘とろ豚鯛』『ブリ』などなど、愛媛県は他にも多くの農林水産物に恵まれた素晴らしい県です。

そうした意外と愛媛県内で知られていない農林水産物を、もっと手軽に、もっとおしゃれに、そしてもっと美味しく召し上がってもらい、地元食材に興味を持ってもらおうと、
10月20日より、
愛媛産で”おいしいいね!”
をテーマとしたキャンペーンを始動しています。

このキャンペーンでは、地産地消に前向きに取り組むカフェ等で地産地消メニューを提供し、多くの方々に召し上がっていただき、県産品への理解を深めてもらおうというもの。

(↓↓↓詳しくはこちらの公式サイトをチェック!↓↓↓)
http://www.oishiiine.net/index.html

今日はそのキックオフパレードを、県庁前を出発し実施しました。

e0197164_18204312.jpg

出発式では高浜副知事から、地産地消の推進に向けた激励を受け、松山商業高校のブラスバンド部によるファンファーレが高々と鳴り響く中、プロジェクトの横断幕を先頭に県庁出発!

キャンペーンのオピニオンリーダーとして活躍してもらう、「ガールズレボリューション愛媛」の皆さんや松山商業高等学校ブラスバンド部の皆さん、今回協力してくれるカフェ等の店員さん、そして県庁職員と、総勢約80人で県庁から大街道、銀天街までを練り歩き、道ゆく方々にパンフレットやスタンプカードなどを手渡しました。

e0197164_18445253.jpg

皆さんも是非、店舗に足を運んでいただき、地元の農林水産物を美味しく食べて元気になりましょう

それと今回、ブラスバンドで場を盛り上げてくださった松山商業高等学校の皆さんです。
演奏、本当にお疲れ様でした!

e0197164_18215738.jpg

ブランド戦略課でした。

by ehimeblog | 2011-10-28 21:59 | 愛媛の食

四国鉄道文化館

西条市にある「四国鉄道文化館」に行ってきました。
JRいよ西条駅のすぐ隣です。

木の香りがするとっても素敵な建物です。

e0197164_1116331.jpg

中に入ると、購入した入場券を昔の乗車券にみたてて、
はさみのようなものでパチッと穴を開けてくれます。
さすが、四国鉄道文化館。
今は機械に通すのが普通ですが、
私が子どもの頃までは、駅員さんがパチッって
穴を開けてくれていました。
とっても懐かしくなりました。

e0197164_11164992.jpg

中に入ると、原寸の新幹線とディーゼル機関車が迎えてくれます。

e0197164_1117132.jpg

運転席も開放されていて、
子どもたちは、電車の運転手気分を存分に味わえます。

e0197164_11171442.jpg

マニアが泣いて喜ぶ電車のプレート。

e0197164_11172332.jpg

電車のエンジンや車軸、車輪も間近で見ることができ、
鉄道好きにはたまりません。

子供の頃に手にして遊んだような鉄道模型が展示されていて、
(展示されているのは、おもちゃではなく精巧に作られたやつです。)
子どもの頃の気持ちに戻ってしまいました。

鉄りんりんでした。

【鉄りんりんシリーズ】
天井川(てんじょうがわ)
坊っちゃん列車でタイムスリップ!?

by ehimeblog | 2011-10-28 08:30 | 東予地方の観光

いきもの便り~面河渓で秘境探検ツアー~

四国最大の渓谷、面河渓はもうすぐ紅葉シーズン!
碧い水、白い岩、燃えるような紅葉のコントラストが美しい幽玄の世界です。
e0197164_1184865.jpg

渓谷の本流沿いの道を進むと、「水呑み獅子」と呼ばれる岩があります。
ライオンが面河の清流をガブガブ飲んでいるように見えるかな?
e0197164_1193035.jpg

水呑み獅子から奥へ、石垣を積んだ道を進むと、
途中で、倒木や落石があり、そこから先には行けません。

今、ボランティア団体「面河渓を愛する会」と久万高原町が
面河渓沿いの登山道を復活させるプロジェクトを進めています。
すばらしいプロジェクトです。ありがとうございます。
e0197164_11104734.jpg

もちろん、登山道は木を使った環境にも優しいつくり。
e0197164_11111745.jpg

道が途切れたこの奥に、今まで行けなかった秘境が待っています。
楽しみですね!

11月12日に開通予定。
e0197164_11113831.jpg

今年の秋は、面河渓の奥へ秘境探検に行ってみませんか?
自然保護課 いきもの係でした。

注意 登山道は自然の地形を利用して、作られています。
   場所によっては、滑りやすかったり、崩れやすかったりします。
   十分、注意しましょう。
e0197164_11203988.jpg
☆過去のいきもの便りはこちら☆
石鎚山ヒルクライム(10月4日)
携帯トイレ(9月29日)
自然公園研修会(9月5日)
自然観察会in面河(8月17日)
狩猟免許をとろう(8月12日)
e0197164_11184361.jpg

by ehimeblog | 2011-10-27 13:05 | 愛媛の自然

紅まどんな♡どんなんなってるーん♪№5

日中の陽射しはまだ暑いくらいですが、朝晩は肌寒さを感じますね。
県内各地で温州みかんの収穫が続いています。

さて、今回は、紅まどんな誕生秘話を紹介します。

みなさんに親しまれている「紅まどんな」という名前は登録商標で、
正式名称(品種名)は、「愛媛果試第28号」といいます。

生誕地の愛媛県農林水産研究所果樹研究センターを訪ねました。
e0197164_16302373.jpg

平成21年3月までは、愛媛県立果樹試験場でした。
ここで育成された28番目の選抜系統なので「愛媛果試第28号」。
平成2年に育成し始めて、平成17年に品種登録されました。

さてここで、生みの親のお一人に独占インタビュー!
世界で初めて食べた率直な感想は?
やったぞ!やったぞー!!

果樹試験場で当時育成していたのは、なんと約30,000系統!
その中で「愛媛果試第28号」は、ずば抜けて美味しかったそうです!!!
光り輝くスターの誕生
濃厚な甘さ、果物とは思えないゼリーのようにとろける食感、
そして食べても分からないほど薄い袋。
年内に酸が抜けて美味しく成熟する希少な中晩柑類です。

同じ頃に育成されていた選抜系統のうち
「愛媛34号」は、「甘平」。
e0197164_16323467.jpg

そして「愛媛32号」は、「媛小春」として、
晴れて品種登録されました。
e0197164_16331250.jpg

言わば、スター仲間の「甘平」と「媛小春」。
現在、これらはまだ果皮に緑色が残っていました。
食べ頃の2月まで、これからじっくり時間をかけて成熟していきます。

さて、年内に食べられる紅まどんなは・・・
e0197164_16351757.jpg

ハウスの中で、すっかり紅色がのっていますね。
現在、甘みを増して、酸味が抜けていく最後の仕上げ時期です。

愛媛で誕生し、愛媛の生産者が大切に育てている
愛媛オリジナルかんきつ紅まどんな
全国の多くの方に、ぜひ味わって欲しいです♪
ひと口食べたら、生みの親さんの「やったぞ!」みたいに
今まで食べたことのない果物との出会いに、驚くと思いますよ♪♪♪

【これまでの“紅まどんなどんなんなってるーん♪”】
♪№1 成熟中の紅まどんな(10/5)
♪№2 紅まどんなの美肌対策(10/11)
♪№3 光を浴びて美しく色づきます(10/17)
♪№4 紙袋の樹?紅まどんなのレインコート(10/19)

中予地方局産業振興課でした。

by ehimeblog | 2011-10-27 08:30 | 愛媛の食

八幡浜ちゃんぽん食べ歩き 第11弾

知る人ぞ知る!
フェリー乗場と魚市場の間にある
みなもと食堂(八幡浜市沖新田)です。

e0197164_10221069.jpg

この店の特徴は、なんと朝の3時に開店、昼過ぎには閉店してしまう、
いかにも、朝の早い魚市場の近くにある食堂です。
ちゃんぽん以外のメニューも豊富。

e0197164_10225091.jpg

八幡浜で一番早く開店するちゃんぽん店!通好みのお店!

プレハブの小さな食堂なので、8人しか座れない!
青空の下、“屋台のノリ”で、ちゃんぽんをいただきたかったのですが、
外はあいにくの雨。
残念!今日は体験できず。

今回は、9人もちゃんぽん食べ歩きに参加(情報&ちゃんぽん通です)
早速、ちゃんぽんを注文、
席の都合で、今回は、ちゃんぽんが出来た人から「いただきまーす!」

e0197164_1023141.jpg

■海鮮ちゃんぽん(650円)
具材は、ホタテ、海老、イカ、タコ
かまぼこ、竹輪、キャベツ、人参、たまねぎ、モヤシ など
具沢山です。

e0197164_10233628.jpg

スープは、甘めでアッサリ!
麺は、白っぽく(薄い黄色)、太い麺です。
太麺が、具とスープにとてもマッチしていました。
海鮮の旨さが口の中に広がります。

e0197164_10234949.jpg

皆さんも“屋台のノリ”で
八幡浜ちゃんぽんをいただいてみませんか!

八幡浜ちゃんぽんについての詳細は八幡浜市HP

南予地域活性化支援チーム(八幡浜支局班)でした。

●これまでの八幡浜ちゃんぽん食べ歩きの足跡
10ラ・キュイジーヌ 宇和海 司9清家食堂8らぁめんもりもり7レストラン北浜6つたや食堂5ハーバープラザホテル4ビストロデュエット3駅なか浜っ子産直市2浜味館あたご1ロンドン

by ehimeblog | 2011-10-26 08:30

ご当地グルメランキング 第3位

県の広報紙『愛顔(えがお)のえひめ』3月号で特集した

「えひめのご当地グルメ!」の発行にあわせて募集していた
「みなさんおすすめのご当地グルメ」のランキングを紹介するシリーズ

9回目の今回は、第3位のおいしいものを紹介します。

○じゃこかつ(伊方町)

e0197164_14214534.jpg

県外の方でも、よく知られているメジャーな愛媛の「じゃこ天」
愛媛県近海でとれるホタルジャコやハランボなどの小魚をすり身にして油で揚げたやつ。

じゃこ天は知っていても、「カツ」の方はご存知でしょうか?

小魚のすり身までは、ほぼいっしょ。
で、そのすり身にごぼうや玉ねぎなどの野菜を加え、
衣をつけて、カラッと揚げちゃいます。

じゃこ天は、お土産でもよく売られていますから、
愛媛に来たことがなくても食べたことがある人もいるかもしれませんが、
さすがに、じゃこかつは揚げたてでなくては、勝負になりません。

e0197164_14261947.jpg

昔からあった訳ではないので、
愛媛に行ったことあるけど、知らないという人もいるはず。
私も、つい最近初めて食べたくらいですから。

さくさくの衣は、結構ヘビーに思われそうですが、
中はお魚のヘルシーであっさりな感じに仕上がっていて、
パクパク食べれちゃいます。

愛媛にお越しの際は、是非、揚げたての本場のジャコカツを
フーフーしながら食べてみてください。

(みなさんのコメント)
・魚嫌いな人にもぴったりだし、体にもいい。
・じゃこは、ヘルシーで美味しい。カレー味もあります。
・栄養価も高く、ジューシーで美味しい。
・じゃこ天も美味しいけど、かつが好き。
・揚げたてを外で食べる場合は「おやつ」、
 お持ち帰りにすれば「おかず」になる優れものだと思います。

詳しくは、愛媛いいもの図鑑じゃこかつをご覧ください。

えひめのご当地グルメランキング! 次回につづく

 広報広聴課でした。

ランキングその8(4位)はこちら
ランキングその7(5位)はこちら
ランキングその6(6位)はこちら
ランキングその5(8位)はこちら
ランキングその4(11位)はこちら
ランキングその3(15位)はこちら
ランキングその2(20位の2)はこちら 
ランキングその1(20位の1)はこちら

by ehimeblog | 2011-10-25 08:30 | 愛媛の食

取材ラッシュのピピ?!

e0197164_931662.gif
みなさん、こんにちは!
愛媛県消費生活相談窓口イメージキャラクター
「こまどりのPiPi(ピピ)」
です。

今回は、取材が続いたピピの様子をお知らせします。

【10月18日午前】
今日はテレビ番組の収録。
番組名は「ON&OFF(えひめのリーダーの素顔)」
まず、所長が消費生活センターの仕事や相談状況などを伝えて・・・・
ピピもいつでも出演できるようスタンバイ。
(写真は本番前です。リラックスしてますね。)
e0197164_9171341.jpg

収録は順調に進み・・・・。最後は、みんなが集まって無事終了。
e0197164_9234839.jpg
えっ!!
早くから準備してたのに、ピピの出番は
ここだけ・・・。残念。

なお、放送は
11月13日(日)
11:45~の予定です。

【10月19日夕方】
今日は、松山東高校放送部の取材。
登場するなり「かわいい~」って言われ、照れちゃいました。
写真もたくさん撮ってくれました。
今日こそピピが主役???。
e0197164_1004767.jpg

11月に行われる高等学校総合文化祭の放送部門(ラジオ番組)に参加
するらしく、愛媛県の鳥「こまどり」について調べてるんだって。
「こまどり」のこといっぱい調べてて、勉強していて驚きました。
e0197164_10331173.jpg
やっぱり、
この日は主役でした!!
うれしくてみなさんと
記念撮影。
取材お疲れさま。 


【消費生活センターからのお知らせ】
e0197164_10213087.jpg
平成23年10月30日(日)
宇和島市のきさいや広場で
「ふれあい消費生活フェスタ2011in南予」を開催します。
みなさん、
ぜひご参加下さい。
詳しくはフェスタのページへ


「困ったときは、ピピッと相談!」
消費生活センターのこまどりのPiPi(ピピ)がお伝えしました。

by ehimeblog | 2011-10-24 13:00 | 県庁の行事

西条まつりレポート~その2~

その1からの続きです。

御殿前を出発しただんじり一行は、昔からの決められた順路を回った後、加茂川に集結します。
ここでは、「川入り」が行われます。
「川入り」とは、神輿と伊曽乃神社のある神戸(かんべ)地区のだんじりが一斉に川に入り、神輿が川を渡りきると、まつりが終わりを迎えるというものです。

土手には神戸地区以外のだんじりが並びます。
e0197164_12353799.jpg

こちらは「川入り」で神輿を迎えるため、橋を渡るだんじりです。
e0197164_12214374.jpg

今年は、始まりが遅かったようで、初秋の風ふきすさぶ中、ひたすら「川入り」のスタートを待ちます。。。
その間、先に到着しているだんじりが、提灯をつけ、暗くなっていく河原をほんのりと照らします。
e0197164_1231721.jpg

遠くから見るとこんな感じです。
e0197164_1237627.jpg
カメラの技術が足りず、この感動を伝え切れていませんが042.gif実際に見ると、本当にきれいです!

合図とともに「川入り」が始まると、歓声とともに神輿とだんじりが一斉に川の中へ!
私も多くの人波に負けじと、勇壮華麗な姿をカメラにおさめようとしましたが…!!
背の低さもあいまってこんな写真しかとれませんでした007.gif
e0197164_12394171.jpg

しかーし!今までの寒さも吹っ飛ぶような熱気です。見ている側まで心が熱くなります058.gif

神輿が川を渡って、無事にまつりは終了。この後、だんじりはそれぞれの地区へ帰りますが、場所によっては後夜祭として、地区を練り歩くところもあるそうですよ。
この風景は、ぜひ来年「生(なま)」で見ていただきたいです053.gif
同じ時期、お隣の新居浜市で「新居浜太鼓まつり」も開催されます。
勇壮華麗な東予のまつり、ぜひ来年体感してみてくださいね!!

たまっちでした。

by ehimeblog | 2011-10-24 08:30 | 愛媛のお祭り

丹原総合公園

お気に入りの公園シリーズの第7弾という事で
西条市丹原町にある丹原総合公園を紹介します。

e0197164_13393130.jpg

私の実家の近くにある公園。
昔から来ていたわけではなく、
子どもができてからちょくちょく来るようになりました。

e0197164_13394426.jpg

あまり他の公園を知らなかったこともあって、
ここの遊具が普通だと思っていましたが、
それから県内のいろいろな公園に行くようになって、
だんだんとここの公園の凄さを知りました。

この日も、へんぴな所にある田舎の公園なのに
かなりの人が来ていました。

この公園は、とにかく遊具が充実しています。
私が行ったことのある県内の公園の中では、
遊具の充実度は、間違いなくトップクラスです。
無料で、これだけの遊具は、ありがたい限りです。

e0197164_1340234.jpg

子どもの冒険心をくすぐる、
ちょっとだけスリルを味わえる遊具がたくさんあって、
本当に飽きさせません。
トランポリンもあったりして、高校生までもが遊んでいました。

e0197164_13401459.jpg

もちろん「滑り台」も乗ってきましたよ!
ここの公園の滑り台もローラー式で、なめらかな滑りでした。
やっぱりお尻は痛くなりましたが。

e0197164_13402446.jpg

冒険心をくすぐられる遊具がたくさんあって、
子どもたちが思いっきり楽しめる『丹原総合公園』は、
私のお気に入りの公園です。

りんりんでした。

お気に入りの公園シリーズ

№6 ハロウィンの森
№5 ふたみシーサイド公園
№4 福徳泉(ふくとくいずみ)公園
№3 緑のふるさと公園
№2 杖ノ淵公園
№1 ひょこたん池公園

by ehimeblog | 2011-10-21 14:30 | 東予地方の観光