<   2014年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

★県立病院看護師ブログリレー(第5回)★

056.gif 皆さんこんにちは056.gif
(愛媛県公営企業管理局総務課)愛媛県看護師採用担当の久保です。

過去のブログ記事はこちら↓
★救急看護(第1回)★
★がん化学療法看護(第2回)★
★新生児集中ケア(第3回)★
★脳卒中リハビリテーション看護(第4回)★

県立病院職員の採用情報はこちら → 県立病院職員採用情報

 さて、県立病院看護師ブログリレー第5回は、060.gif
県立中央病院副院長兼看護部長 認定看護管理者である立川 妃都美さんにお話を伺いました。


e0197164_15532977.jpg 立川妃都美さんは昭和50年に愛媛県立病院に就職後、平成9年~中央病院の救命救急センターHCU・ICU看護長、平成15年~中央病院副看護部長、平成18年~南宇和病院看護部長、平成22年~中央病院看護部長を歴任しました。
 かつての直属の部下何人かに話を聴いたところ、高い看護技術や経営感覚を持ち、部下からの相談に、時には優しく、時には厳しく、親身に対応する姿に対して感謝と尊敬の声が集まりました。
 看護師人生で一番楽しかった時を振り返ると、救急看護をしているときだったそうです。 
 また、定年後は「台所を職場として、ミシンを買っているので洋裁に専念します。」、と家庭的な一面が見えました。 


Q:立川看護部長は本日で退職を迎えます。本当に長い間お疲れ間様でした。
A:私は、平成18年度から県立南宇和病院看護部長、平成22年度から県立中央看護部長として任を受け、皆様のご協力で何とか定年の日を迎えることができました。厚く御礼を申し上げます。


Q:看護部長は副院長であり、認定看護管理者という資格をお持ちですね。
A:今回、看護部長時代のことを振返り「看護管理」について少し話をさせて頂こうと思います。県立病院では、平成20年度から看護部長に副院長兼務が発令されました。副院長兼務もしくは副院長の任にある看護職は、石垣靖子さんが1987年に全国で初めて東札幌病院の看護職副院長として任命されて以来、300人近くになっていると言われています。


Q:看護師が副院長を兼任することの意義はなんでしょうか。
A:なかなか明確な答えが出てきませんが、一つには看護部長を兼務することで部門の利益代表者としての側面があり、他部門や病院全体とのバランスがとりにくいと言うことがあります。
049.gif しかし、患者中心、チーム医療の推進が強く求められる昨今、24時間365日患者さんの側にいる唯一の医療専門職として、看護師の視点を生かし、病院改革を進めることは県立病院の発展に大きく貢献できるものと考えます。
e0197164_15563298.jpg

e0197164_15563472.jpgQ:認定看護管理者研修はどのようなものでしたか。
A:病院改革を進めるため、自分自身も「管理」に関する更なる知識や情報が必要と考え、前看護部長の後押しもあり「認定看護管理者:サードレベル」研修を受講させていただきました。この研修で感じたことは、小規模病院であればあるほど「自分の病院が生き残るためにはどうすればよいか」との危機感を感じ、組織の内部・外部環境の変化に敏感に対応しているという経営意識の高さでした。
012.gif サードレベルの教育目的は「1.社会が求めるヘルスサービスを提供するために看護の理念を掲げ、それを具現化するために必要な組織を構築し、運営していくことのできる能力を高める、2.看護事業を起業し運営するにあたって必要となる経営管理能力に関する知識・技術・態度を習得する」であり、科目としては「経営者論」「保健医療福祉政策」「看護経営」等の単元がありました。この研修を通じて、改めて「経営・経済」や「政策」が医療にどのように関与しているのか、自部門のみでなく、「組織」として全体を考えることの重要性を知ることができました。


Q:県立中央病院は所帯が大きいので組織全体を導くのに御苦労されたことと思います。
A:組織は同じ目的を達成しようとする人々の集団で、2人以上の人間、共通の目的・目標、協力・協働関係の3要素をもつと言われています。県立中央病院だけで看護部が管轄する職員は1000人以上おり、この人々を病院組織の理念・方針の実現に向けてどのように動機付けていくか、リーダーシップを発揮して目的・目標を達成できるようマネジメントしていくかが、看護部長に求められることになります。自分にその能力があったのか、本当にできたかどうかを自問自答する日々でした
e0197164_15563022.jpg


Q:病院以外の企業でも一般的に組織経営ビジョンの共有は重要と言われていますよね。
A:マネジメントは、「定められた目標を達成するために、人材・物・金・情報等を調達しやりくりすること」、リーダーシップは、「特定の目的を実現するために、個人や集団に影響を及ぼすこと」と定義づけられます。このように考えるならばマネジメント能力やリーダーシップは、管理職やリーダー、プリセプター等の役割を持つ看護師のみでなく、一人ひとりの看護師にも両方の役割が求められることがわかります。つまり、皆様が日々の臨床現場で、患者さんの健康回復という目的の実現のため具体的な目標を設定し、その目標を達成するためにスタッフや他職種と業務調整したり、看護用品を調達したりする看護実践にこそ、マネジメントとリーダーシップ両方の能力が必要なのです。


Q:なるほど。たしかに若手職員の時からそのような意識付けが必要ですね。そういう点では近年コミュニケーションやコーチングの研修を積極的に導入していますので、スキルアップの加速が期待できますね。
A:一人ひとりが、自分の役割をわかりマネジメントとリーダーシップ能力を駆使して日々の業務を遂行していくことが、この県立病院の看護の質の向上に繋がるのです。
049.gif 大組織、多人数の看護師の中にあっても皆さんお一人ひとりが大切であることがわかっていただけると思います。


Q:最後に、長年勤務された県立病院の魅力を教えてください。
A:地域の基幹・拠点病院である県立病院に働く看護師は、繁忙で大変との話を聞きます。実際に現場を見ていますとまさにその通りだと思います。しかし、研修や指導体制が整っており、3年間頑張れば、看護の基本的な実践力を必ず身につけて頂ける病院でもあります。培った基本的な看護実践力があれば、仮に自分が急性期病院ではなく、例えば、緩和ケアがしてみたい、訪問看護がしてみたいなどのことがあっても、自信をもって自分のやりたい看護領域に進んでいけることができると思います。
006.gif もし、私が、看護師として看護管理者として少しでも自信を持つことができるとしたら、それは、この県立病院で育てて頂いたとおかげだと思っています。大好きな看護を大好きなこの県立病院でやれたことを感謝しつつ、後輩の皆様には、今後 ますますこの県立病院の看護を発展させていっていただけるようお願いいたします。
e0197164_15563669.jpg

立川看護部長様、長きにわたり愛媛県立病院を支えていただきまして、本当にありがとうございました。007.gif

 愛媛県公営企業管理局総務課でした。
 次回もお楽しみに040.gif

by ehimeblog | 2014-03-31 17:00 | 愛媛の保健・医療・福祉

愛媛マルゴト自転車道 しまなみ海道

毎年恒例の「しまなみ縦走2014」に参加しました。JB本四高速が主催するこの大会も今年で17回目。毎年参加者が増えていて、去年は2,120人が参加したそうです。
今治と尾道の間に設定した16か所のチェックポイントでスタンプを押してもらいながら走り、クリアすれば完走賞がもらえるシステムです。

e0197164_9525156.jpg


チェックポイントは橋の上だったり公園だったり。今年の傾向は、ロードバイクの割合が圧倒的に増えた気がします。それと、子どものロードバイクも見かけるようになりました。

e0197164_953833.jpg


しまなみ海道は海沿いの道ですから、殆どの道がフラットですが、橋へのアプローチや島を横断する時は少しだけ坂を上ります。そんな時はスピードは気にせずに、一番軽いギアにして少しだけ頑張れば、難なく?上れます。

e0197164_9532131.jpg


因島フラワーパークのチェックポイントでは、毎年地元の中学生たちがおもてなしをしてくれます。ジュースや飴、皮を剥いてくれた八朔。ついつい時間を忘れて長居してしまい、完走が危うくなったりするので要注意。

e0197164_9533913.jpg


向島でラーメンを食べて、ゴール地点の尾道港までは渡船で移動します。だから自転車を漕ぐのは向島までです。さすがイベントだけあって、船内は自転車だらけでした。

e0197164_954230.jpg


ということでゴール。ここは3月23日にオープンした「ONOMICHI U2」です。写真では閑散としていますが、さに非ず。施設が広すぎて人が分散しているだけです。
併設しているジャイアントストアでは、レンタルしたバイクを今治・尾道のストアで乗り捨てることが可能なので、片道だけレンタルして帰りはバスで帰る…なんて夢のような旅が可能になりました。

さて、ここからもうひとっ走り。夕方までに今治に帰りましょう。
往復140km、10時間の旅でした。

東りんりんでした。

○東りんりんさんのサイクリングリポート!
・愛媛マルゴト自転車道(5)と(7) 双海~大洲ツーリング(2014.3.6)
・愛媛マルゴト自転車道 (3)湯~ゆう・今治・西条ツーリング(2014.1.30)
・新居浜市の大島サイクリング!(2013.12.3)

by ehimeblog | 2014-03-31 09:55 | 東予地方の観光

山本牧場の「芝桜まつり2014」開催

 山本牧場は、宇和島市津島町御槇地区にある自然循環型の牧場です。広大な牧場で少数の牛を放し飼いにする山地酪農に取り組んでいます。
 山本牧場の牛は、24時間365日、放し飼いにより育てられています。牧場内では、牛のほかにヤギやニワトリも飼育しています。
 放し飼いで飼育されているニワトリの有精卵を使ったたまごかけご飯は絶品で、牧場内のカフェで食べることができます。そのほかソフトクリームや手作りのシフォンケーキなども味わうことができます。
 毎年春になると牧場内の50アールの敷地に植えられた芝桜が見ごろを迎え、今年も4月1日(火)から5月6日(火)までの約1か月間、芝桜まつりが開催され、無料で見学をすることができます。※芝桜園内に入る場合は入場料(大人200円)が必要です。
 芝桜まつり開催期間中の土日祝日には、別添のリーフレットのイベント情報のとおり、まきばフェス、ロッククライミング体験、のまうま体験乗馬、ネイチャーゲーム、ミニ四駆大会、マウンテンバイクレースなどのイベントが開催され、口コミで年々来場者が増え、最近では、宇和島近辺のみならず、四国内外から大勢の家族連れが訪れています。
 皆さんも、この素晴らしい芝桜を見に足を運んでみてはいかがでしょうか。

芝桜まつりの詳しい内容はこちらへ

山本牧場HP

e0197164_14471745.jpg


南予の農林水産物PRサポートチーム(南予地方局産業振興課)でした。

by ehimeblog | 2014-03-27 18:00

【愛媛マルゴト自転車道サイクリング】鬼北町ひな祭りサイクリングに行ってきました!

南予地方局サイクリングチームで、鬼北町で開催された「ひな祭りサイクリング」に参加してきました。

“でちこんか”四万十源流サイクリングツアーin鬼北 ということで、
四万十川の源流のひとつ「広見川」沿いの国道320号を走り、
鬼北町や高知県四万十町等で開催されている「四万十街道ひなまつり」
下鍵山地区(旧日吉村中心部です。)に飾られたお雛様の数々を見て回ろうという、このサイクリングイベント。

このうち、三角ぼうしから日吉夢産地までの国道320号は、「愛媛マルゴト自転車道」「遊子段畑・四万十源流コース」の一部でありまして、とても走りやすいコースですよ。

さて、今回のコースは2つあって、

・Aコースは、成川休養センター(成川渓谷)~森の三角ぼうし~日吉夢産地~森の三角ぼうし~成川休養センターの59km(中級者向け)。

・Bコースは森の三角ぼうし~日吉夢産地~森の三角ぼうしの41km(初心者向け)です。



e0197164_115521.jpg

こちら、道の駅・森の三角ぼうしでの出発式の後の記念撮影。
Aコースの成川休養センター出発組もここで合流し、出発式を行いました。

鬼北町の甲岡町長も駆けつけていただき、一緒にパチリ。


e0197164_1172129.jpg

森の三角ぼうしを出発し、道の駅・日吉夢産地を目指します。
天気は快晴で、まさにサイクリング日和。気持ちよくスタートが切れました。


e0197164_119912.jpg

菜の花が咲いている街道をサイクリング。

写真には写っていませんが、道の反対側はずっと広見川が流れていて、清流を眺めながら走ることができます。


e0197164_1195821.jpg

途中、「ON&OFF」で休憩。

バイクでツーリングされる方には有名な宿&お食事処です。

「鬼北熟成きじ」を使った料理も楽しめますよ。


e0197164_13142160.jpg

日吉夢産地に到着後、夢産地名物の「お山のバイキング」をいただきました。
日吉の山の幸を使った料理に舌鼓を打った後は、ひな祭りへGO!です。

下鍵山の中心街にはお雛様が行く先々に飾られ、ひな祭り一色といった雰囲気。

古民家を活用した「いきいき茶屋」では、お茶やお菓子のお接待も・・。うれしいですね。


e0197164_11105377.jpg

写真は「武左衛門一揆記念館」や国登録有形文化財の「明星草庵」がある「明星ヶ丘」
こちらの明星草庵には・・・
e0197164_11114150.jpg

この素晴らしい座敷雛が飾ってありました。

座敷雛と言えば、八幡浜市真穴地区の座敷雛が有名ですが、それにも負けない豪華さ。
「日吉盆栽会」の皆さんが作られたそうです。


お雛様で春の雰囲気を満喫した後は、森の三角ぼうしまでのサイクリング。
帰りは緩やかな下りで行きよりさらに快適でした。


e0197164_11123727.jpg

森の三角ぼうしまで戻ってきました。
Bコースの方はここで終了です。
完走証と鬼北町のおみやげをいただきました。ありがとうございました。

Aコースの方はここから成川休養センターまで9kmの道のりを帰って行ったのですが・・
三角ぼうしからの標高差は300m・・・。
これまでの快適なコースから一変、走りごたえのある道のりであったことをお伝えしておきます・・・。

下鍵山地区のひな祭りは4月3日(木)まで開催されています。

春満開!の鬼北路を走りに来ませんか。

また、南予地域活性化支援チームのブログ「愛媛 南予にきさいや!」に、このサイクリングのもう少し詳しい記事を載せていますので、こちらもご覧ください。

【ブログはこちら → 南予にきさいや!

南予地方局地域政策課でした。

by ehimeblog | 2014-03-27 15:43

南予(にゃんよ)グルメ帖 その7

南予のグルメを集めた
「南予(にゃんよ)グルメ帖」
全てのメニューにクーポンが付いており、
お得なガイドブックとなっています。
e0197164_21531648.jpg

宇和島市の「ハイウェイレストラン宇和島 真珠会館」
真珠をはじめとする宇和島の特産品が揃っています。
e0197164_2234949.jpg

ここのレストランで、真珠丼を注文しました。
e0197164_21551862.jpg

真珠丼は、真珠母貝のアコヤ貝の貝柱が入っているのが特長です。
アコヤ貝の貝柱は高級食材としても知られています。
e0197164_21574166.jpg


クーポンを渡して、
特典の食後のドリンク(コーヒー)をいただきました。
e0197164_21592210.jpg


このほか、
「南予(にゃんよ)グルメ帖」は、
魅力的なグルメ(全部で68メニュー)を紹介しています。

道の駅や「えひめ愛顔の観光物産館」で配布していますので、
南予観光のお供にいかがでしょうか。

その1はこちら
その2はこちら
その3はこちら
その4はこちら
その5はこちら
その6はこちら


観光物産課 南 幾三でした。

by ehimeblog | 2014-03-24 07:49

鉄道ホビートレイン

初代新幹線「O系」もどきの観光列車、鉄道ホビートレインが、
3月15日(土)に、JR予土線で運行を開始しました001.gif

こちらは正面
トレードマークの団子鼻が特徴
e0197164_21265819.jpg

こちらは反対
「団子鼻」を描いています。
e0197164_21271840.jpg

こちらは内部
O系で使われたシートが4席配置されています。
e0197164_21301575.jpg

また、車両の模型の展示もされていて、
乗っても楽しめますよ。
e0197164_21323625.jpg

鉄道ホビートレインに乗って、
のどかな予土線の風景を楽しんではいかがでしょうか。
e0197164_21411565.jpg



観光物産課 南 幾三でした。

by ehimeblog | 2014-03-20 11:15

しまのわ開催エリアを綺麗に!クリーンアップdayを実施しました。

 瀬戸内しまのわ2014開幕まで残り3日。

 行政・地域住民の皆さんとタッグを組んで準備に向けた取り組みを進めていますが、そんな中で、地域住民の皆さんが主体となって、瀬戸内海が国立公園として指定された3月16日に、今治市・上島町の全9地区で”しまのわクリーンアップday”という清掃イベントが実施されました。

 しまのわ開幕前に島外からやってくるお客様を綺麗な島でおもてなししたい。
 この美しい瀬戸内を、綺麗に保つ意識をみんなで共有したい。

 そんな思いに共感した、地域住民の皆さん・金融機関や県市町の職員など、多様な面々が集まり、総勢約400名が楽しみながら、沢山のゴミを集めていました。071.gif

 その時の様子を、すこーしだけご紹介します!003.gif

 まずは上浦地区。
 晴天の下、多々羅大橋の見える戸板海岸が綺麗で見とれてしまいそうですが、そんな中にゴミがあったら魅力半減。みなさんでせっせとゴミを拾います。
e0197164_1618266.jpg


 次に伯方島。こちらは伯方島の美しい海が満喫できる沖浦ビーチです。
 何やらゴミを見ながら書き込みをしていますが、これは漂着するゴミに何が多いかをデータに取ることで、どこに何が漂流する傾向にあるかを把握し、今後の清掃活動に活かそうという取り組みの一環です。
e0197164_162176.jpg


 そして宮窪町。村上水軍の歴史が眠る博物館や漁師市の会場周辺で清掃しました。
 元々地元の方々が綺麗にしている地区でも、少し人手の入りにくい所に手を伸ばすと、あっという間に軽トラックの荷台がゴミで一杯に。
e0197164_16293345.jpg


 最後に、陸地部の一つである波方町の大角海浜公園。
 こちらも今治の誇る綺麗なビーチの一つですが、70名が参加し、この地区もより綺麗になりました。
e0197164_16315449.jpg


 ちなみにこの清掃活動には、先日SMW(しまのわ)48探検隊に任命され、瀬戸内しまのわの関連イベントを48参加することになったモストデンジャラスも参加!
 「顔は汚いがキレイ好き」と仰るお二人。その言葉に違わず、熱心に清掃されていました。

 一つ目の関連イベントを終え、その証として本イベントの実行委員長の林さんからサインを頂いたお二人を激写!
e0197164_16364857.jpg

 今後は色々なしまのわイベントにご参加頂きますので、是非しまのわイベントに参加されたときはチェックしてみてくださいね。019.gif

 地域住民の皆様のお蔭で、より盛り上がりを見せている瀬戸内しまのわ2014
 3月21日から10月26日までの約7か月間、綺麗な島々で皆様をお迎えしますので、どうぞお楽しみに!

 ちなみに、当イベントは今後も実施される予定との事ですので、その際は是非皆さんもご参加下さいね♪

 瀬戸内しまのわ2014今治現地本部でした~☆

by ehimeblog | 2014-03-18 13:08 | その他

あなたも「チーム愛媛国体強化部」マネージャーに!Vol.74

2月21日(金)~24日(月)の4日間、
山形県山形市(蔵王温泉スキー場)及び
上山市(上山・坊平高原クロスカントリー競技場)で
第69回国民体育大会冬季大会スキー競技会
やまがた樹氷国体が開催されました。

e0197164_15111998.jpg
   ▲上山北中学校の皆さんが作成してくれた愛媛県選手団応援のぼり旗001.gif
    地域の方々の温かいおもてなしを受けての大会でした。

愛媛県からは、クロスカントリー種目に3名、
ジャイアントスラローム種目に13名の選手が出場しました。

まずは、クロスカントリー種目。
この雪の下には、日本で最も高地(標高1000m)にある陸上競技場があり、
2008年にはIOCから、
高地トレーニングを目的としたナショナルトレーニングセンターとしての指定を受けています。


e0197164_1511481.jpg
   ▲クロスカントリー成年女子A 隅田選手のスタート
    起伏のあるコースと薄い酸素が選手を苦しめます。頑張って!

続いて、ジャイアントスラローム種目。
大会前の大雪の影響で、雪質が柔らかく難易度の高いコースでした。

e0197164_1512124.jpg
   ▲ジャイアントスラローム成年女子B 川上選手の滑り
    難コースを果敢に攻める!009.gif


クロスカントリー、ジャイアントスラローム両種目とも、
入賞には及びませんでしたが、
素晴らしい滑りでフィニッシュしました!038.gif

冬季国体を終えての本県の成績は、天皇杯32位・皇后杯25位です。
10月の長崎国体へ向け、引き続き盛大な応援をよろしくお願いします。006.gif

次回をお楽しみに!
以上、国体競技力向上対策室でした。

by ehimeblog | 2014-03-17 15:22 | 愛媛のスポーツ

愛媛県武道館で教室発表・体験会が開催されます!

愛媛県武道館で
教室発表・体験会
が開催されます!

日時059.gif平成26年3月22日(土)
10:30~12:30(予定)
★申込不要★

体験の部では、ハワイアンフラ、太極拳の教室をご用意しております!
どなたでもお気軽にご参加ください016.gif


e0197164_13195244.jpg

e0197164_13201479.jpg


詳しくは、愛媛県武道館のホームページまで。

文化・スポーツ振興課でした。

by ehimeblog | 2014-03-12 17:01 | 愛媛のスポーツ

炭素繊維複合材料を活用出来る人材の養成を目指して(その7)

3月10日(月)、11日(火)にえひめ産業振興財団主催の

「炭素繊維強化プラスチック製品企画実習」

が開催されました。この実習は、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)を活用出来る人材の養成を目指す「四国地域炭素繊維加工高度人材養成事業」(国補助金)の一環で開催するもので、今回は、愛媛大学Car-bon工房と産業技術研究所で行われました。

参加された企業の方は、シート状の炭素繊維を裁断・成形したり、引張試験をするなど、盛りだくさんの実習に真剣に取り組んでいました。
e0197164_17293212.jpg
e0197164_1729499.jpg
e0197164_17301159.jpg

また、産業技術研究所の研究員が、オートクレーブ(高圧力をかけながら加熱し、炭素繊維強化プラスチックを成形加工)や精密切断機など、CFRPの成形や加工に利用できる機器について紹介しました。
e0197164_17305336.jpg

今回の実習をもって、今年度の「四国地域炭素繊維加工高度人材養成事業」のプログラムが全て終了しました。今後、産業技術研究所では、産学官共同研究などにより、セミナーや実習に参加された企業のCFRPを活用した製品開発を支援していきます。
以上、産業創出課でした。040.gif

by ehimeblog | 2014-03-12 14:17 | その他