<   2015年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

七折梅まつり

1万本以上の梅が咲く、
砥部町の七折(ななおれ)梅園で、
今年も梅まつりが始まりました。
e0197164_951198.jpg

梅園はしばし坂道を登った先。
e0197164_9521473.jpg

園には、ピンクに色づいた梅や、
e0197164_9525251.jpg

黄色い梅(蝋梅(ろうばい))など、
さまざまな種類の梅であふれています。
e0197164_9544257.jpg

梅園には、休憩できる場所も。
e0197164_9594671.jpg

七折梅まつりは、3月10日(火)まで開催されています。
e0197164_1002313.jpg

皆さんも春を感じに行ってみてはいかがでしょうか。

もちまきなど、期間中いろんなイベントが予定されています。
七折梅まつりの詳細はこちらをご覧ください。


観光物産課 南 幾三でした。

by ehimeblog | 2015-02-25 09:48 | 中予地方の観光

愛リバー、愛ロード、愛ビーチのパネル展を開催中です!

皆さん、公共土木施設愛護事業を御存知でしょうか?

土木部(河川課・道路維持課・港湾海岸課)では、
美しい河川環境、道路環境及び海岸環境の維持・創出を図るため、
平成12年度に「愛リバー・サポーター制度」を、
13年度に「愛ロード・サポーター制度」を、
14年度に「愛ビーチ・サポーター制度」を創設し、
住民と行政のパートナーシップに基づく
河川、道路及び海岸の愛護活動を推進しています。

このたび、日頃の活動の成果を広く
県民の皆様に知っていただくとともに、
少しでも活動の輪が拡がるきっかけとなることを期待して、
次のとおり各制度合同によるパネル展を開催しておりますので、
県庁にお越しの際は、ぜひ御覧ください!

e0197164_8435496.jpg

開催期間:平成27年2月23日(月)~2月27日(金)
開催場所:県庁第一別館 1階ロビー
展示内容:制度の概要
     愛リバー、愛ロード、愛ビーチ・サポーターの活動状況
     愛リバー・サポーター物品協賛企業の紹介

なお、1月末時点で、ボランティア団体、自治会、
学校、企業など531団体、約27,000人の方々に
愛リバー、愛ロード、愛ビーチ・サポーターに登録いただき、
県内各地で清掃美化活動をしていただいております。

もし、皆様の地元の自治会や関わりのある団体が、
まだ各制度に登録されていない場合は、
この機会に是非登録を検討いただきますようお願いします。

河川・道路・海岸の清掃美化活動を行っていただく
各サポーター団体を随時募集しておりますので、
興味のある方は、下記のホームページを御覧ください!
愛リバー・サポーター制度ホームページ
愛ロード・サポーター制度ホームページ
愛ビーチ・サポーター制度ホームページ

以上、道路維持課でした。

by ehimeblog | 2015-02-24 14:01 | 県庁の行事

松山空港に「みかんジュースタワー」出現!!

みなさんは、「愛媛では蛇口をひねるとみかんジュースが出てくる」という
都市伝説を聞いたことがありますか?

先日、この都市伝説を実現させた
「みかんジュースタワー」松山空港に登場しました003.gif
e0197164_1494662.jpg

積み上げられたカクテルグラスの上にある蛇口から、みかんジュースが注がれる様子を表したオブジェです。(飲めませんのでご注意を!)
かんきつ類の生産量が072.gif日本一072.gif愛媛県の魅力を観光客にPRするために、松山空港利用促進協議会が国内線到着ロビーに設置しました。

松山空港イメージキャラクター「まっくう」「みきゃん」とともに除幕式に駆け付け、タワーの完成を祝いました。
e0197164_1412339.jpg

また、松山空港では、実際に都市伝説を体験できる「ポンジュース蛇口」の無料試飲イベント毎月第3日曜日(10時~14時)に開催しており、空港を訪れる皆様に大変好評です。
e0197164_1417585.jpg

松山空港にお越しの際は、
みかんジュースで乾いたのどを潤し、みかんジュースタワーで記念撮影して、
「かんきつ王国 愛媛」を満喫されてはいかがでしょうか。

交通対策課でした。

by ehimeblog | 2015-02-23 11:00 | 愛媛のイベント

開明学校で明治時代の授業体験

白壁が特長の西予市宇和町にある開明学校。
明治15年に建築された、四国最古の木造小学校・校舎です。
e0197164_13484666.jpg


開明学校では、事前に申込をすれば、
「修身」や「算術」など
明治時代の授業を体験することができます。
e0197164_1351779.jpg

当時は、教科書がなかったため、
「掛図(かけず)」を使って授業をしていたそうです。
e0197164_1353559.jpg

風琴(ふうきん;今でいうオルガン)を使っての
「唱歌」の授業
e0197164_14102927.jpg


参加者も童心に返って熱心に授業を受けていました。
e0197164_14143678.jpg


『明治時代の授業体験』の詳細はこちらをご覧ください。


観光物産課 南 幾三でした。

by ehimeblog | 2015-02-13 13:41

別子銅山産業遺産スタディツアー(尾道駅・今治駅発着)申込受付中!

東予地方局では、別子銅山産業遺産を楽しみながら学ぶスタディツアーを企画しました。

このツアーは当初、昨年10月12日(日)、13日(月・祝)に実施予定としていましたが、台風19号の接近に伴い中止となったため、今回、再度実施するものです。

ツアーの企画、ガイドは地元の高校生によるものです。第1回観光甲子園で準グランプリを獲得した、県立新居浜南高等学校ユネスコ部のガイドからは、深い知識と地域貢献への思いが感じられることでしょう。

e0197164_14252456.jpg


そしてツアーの目玉となるのが、煙害問題克服の象徴である四阪島周辺クルーズや通常は非公開となっている旧端出場水力発電所(国登録有形文化財)の特別公開です!

e0197164_1439453.jpg
e0197164_14401172.jpg
e0197164_14402843.jpg


個人旅行では体験できない盛りだくさんのプログラムを、この機会にお楽しみいただければと思います。

日程等はこちらの通りです。皆様のご参加をお待ちしています。

【日程】3月14日(土)~15日(日) 尾道駅・今治駅発着、西条市内宿泊
【参加費】9,500円(1泊朝・昼食付)
【定員】30名(最少催行人員 25名)
【申込締切】3月7日(土)(定員になり次第締切)
【申込先】(株)せとうち観光社 新居浜営業所 松本 ℡ 0897-37-3580

詳しくはこちらのページをご覧ください。
http://www.pref.ehime.jp/tou50144/stadytour2.html

by ehimeblog | 2015-02-12 14:42 | 東予地方の観光

宇和民具館での牛鬼の展示

宇和島出身の幾三は、
『牛鬼』と聞けば、宇和島の牛鬼をイメージしますが、
e0197164_1935595.jpg

(写真は宇和島の和霊神社で飾られている牛鬼)

広く南予の祭礼には、登場するようです。

西予市宇和町の「宇和民具館」では、
市内の牛鬼を集め、展示しています。(8月末まで)
e0197164_19361291.jpg

こちらは三瓶町の牛鬼
e0197164_1937016.jpg

明浜町の牛鬼
e0197164_19373999.jpg

牛鬼の起源は、
加藤清正が朝鮮出兵の際に、敵を威圧するために用いたとか、
江戸時代、虎退治のために牛鬼を作ったとか、
いろんな伝承があるようです。

これは城川町の牛鬼
e0197164_19432967.jpg


様々な顔をした牛鬼が見られて面白いので、
ご覧になってはどうでしょうか。
e0197164_19475485.jpg


宇和民具館 企画展の紹介はこちら


観光物産課 南 幾三でした。

by ehimeblog | 2015-02-10 10:49