いきもの便り ~鶴見カフェinせいよ~

10月2日(土)西予市宇和町のギャラリー喫茶、池田屋で
「鶴見カフェinせいよ」が開催されました。
西予市の田園ロマンの里づくり推進委員会が
兵庫県コウノトリ郷公園から講師2名をお招きし、
地元だけでなく県内各地から30名程の方が参加。
立ち見も出るほどで関心の高さを感じました。
e0197164_16114069.jpg

コーヒー片手に、親鳥と幼鳥の関係や移動する距離などツルやコウノトリのことについて予定時間をオーバーしての話し合い。

西予市にはこの数年、兵庫県の豊岡からコウノトリが飛来しています。
e0197164_1614792.jpg

地元では、コウノトリが舞い降りる豊かな自然環境を守り伝えていこうと、来訪者への啓発看板や人工巣塔の設置、ネグラとなるため池のきめ細かな水管理、環境に配慮した米作りなどに取り組まれています。
e0197164_1615972.jpg

参加者からの「コウノトリにエサとなるドジョウなどの魚を与えてもいいの?」という質問に、講師から「野生として生息するコウノトリにエサを与えることは賛否両論あり、難しい問題です。」と回答。
野生の生き物に人間が手を加えることの是非について考えさせられる場でもありました。
e0197164_16271533.jpg

また、講師から「コウノトリを守ることと農業を守ることは一緒」と話され、エコツーリズムなどの観光や地域経済などに結びつけることも大事であると豊岡の例を示しながら提案をいただきました。
最後に、「西予の方々のコウノトリに対する熱意や情熱はすばらしい。豊岡ともいろんな形で連携していきましょう」とエールをいただきました。
e0197164_16291352.jpg

毎年、西予市にはコウノトリを観察しようと多くの方が訪れているようです。
カメラに夢中になって近づいたり、大きな声を出したりしないよう、マナー、モラルをもって接していただきたいと思います。
e0197164_16305230.gif

自然保護課 いきもの係からのお知らせでした。

by ehimeblog | 2010-10-13 08:30

<< えひめ職業技能フェアinエミフ... 紅葉の石鎚山!! >>