八幡浜市立日土小学校校舎見学会

昨年12月28日に、
八幡浜市日土町にある日土小学校が
国の重要文化財に指定されました。

戦後の学校建物としては、初の重要文化財とのことです。

普段は校舎として使われているので見学できませんが、
冬休みの12月30日に一般公開されました。

特徴は、川に大きくせり出したテラス
e0197164_11233469.jpg

こども達が身近に自然を感じることができます。
e0197164_11235418.jpg

緩やかな傾斜の階段
e0197164_11241830.jpg

廊下の棟と教室の棟が中庭を挟んでおり、
採光や通風に配慮しています。
(見学会当日は雨でした。)
中庭には水路が引かれており、以前は魚も泳いでいたとのこと。
e0197164_11354669.jpg

竣工された当時(昭和31年、33年)、
十分な照明設備がないことを考慮し、開放的な構造にしたようです。
e0197164_11255123.jpg

設計は、松村 正恒(まつむら まさつね)氏(1913-1993)
今から半世紀以上も前に、
こども達が心地よく学校生活を楽しめるよう考え抜いたことに感銘を受けました。

次回の見学会は、3月31日(日)です。
皆さんも、ぜひ一度いかがですか。


観光物産課 南 幾三でした。

by ehimeblog | 2013-01-07 17:43

<< 運動神経がUPする体操講座が開... あなたも「チーム愛媛国体強化部... >>