★県立病院看護師ブログリレー(第6回)★

056.gif皆さんこんにちは056.gif
愛媛県公営企業管理局総務課 久保です。

過去のブログ記事はこちら ↓
★救急看護(第1回)★
★がん化学療法看護(第2回)★
★新生児集中ケア(第3回)★
★脳卒中リハビリテーション看護(第4回)★
★認定看護管理者(第5回)★

県立病院職員の採用情報はこちら → 県立病院職員採用情報

さて、県立病院看護師ブログリレー第6回は、
県立南宇和病院感染管理認定看護師 大石 美恵さんにお話を伺いました060.gif
e0197164_14583333.jpg




 大石さんは、鬼北町出身で愛媛県立医療技術短期大学を卒業後、県内他病院などで働いたのち平成8年に県立病院に就職。中央病院を経て、地元の近くでという希望により平成11年に南宇和病院に転勤し、平成25年に感染管理の認定看護師を取得されました。






083.gif聞けば、ダイビングが趣味で、休暇を利用して無二の親友と一緒にパラオ(10回以上行ったそう!)、サイパン、沖縄、地元周辺などで楽しんでいるそうです。男女問わず、一度やってみたい人は大歓迎ということですので、興味がある人は南宇和病院までご連絡を!


Q:感染管理の業務とはどのようなものでしょうか。
 感染防止技術向上のための実践と教育、新しい情報や知見の提示、院内マニュアルやハード面の整備、感染にまつわる様々なコンサルテーション対応などの業務が中心となっています。問題になる微生物が検出された時には連絡を受けて対応します。また、現場を見て対策が不十分な点を把握し改善策を取ることも重要な業務です。インフルエンザや感染性胃腸炎対策など季節に合わせた教育・啓蒙も行っています。

Q:感染管理の認定看護師を目指したきっかけについて教えてください。
 南宇和病院で感染対策委員に長年携わる中で、感染対策の面白さ、難しさを経験しました。より専門的な知識と技術を皆さんに伝えることができたらという思いが強くなり、この道を目指そうと決心しました。
049.gif県立病院は自分の熱意に応えて役割と責任を与えてくれます。それによりやりがいも生まれると思っています。

e0197164_09484420.jpg


Q:これまでの経験は感染管理業務にどのように生かされているのでしょうか。
 転職や転勤のおかげで様々な診療科を経験してきました。感染管理はあらゆる診療科において必要とされますので、その経験が非常に役立ってくれています。
 006.gifまた、県立病院のような総合病院でないと経験できないことがたくさんあるので、県立病院に就職して良かったと思っています。

Q:業務で苦労されている点はどこでしょうか。
 組織横断的に院内の調整を行うところです。幹部職員や他の部門の方々との調整などは、これまで上役がすることという認識がありましたが、自分が動いて調整しなくてはいけません。また、管理者側とスタッフ側の間にギャップを感じることも多いです。少しでも両者の考えや意図をうまく調整できるよう活動したいと考えています。
 011.gif忘れがちですが、自分は組織の中の一員であり、その一人一人が組織を作っているのだということを改めて実感しています。
e0197164_09485024.jpg


Q:人間関係で悩んでいる人は多いと思いますが、なにかアドバイスはありますか。
 今でも何度も悩み失敗しています。この年齢になって思うのは、人の事ばかり責めて、自分の事を振り返ってなかったということです。
 人を変えることは難しいです。
  自分が変わらなければ相手は変わらないと思います。012.gif
 頼みごと一つをとっても、人によって伝え方を変えるなど配慮が大切です。もし間違ってしまったら、すぐに自分の非を認め素直にごめんなさいと伝えて信頼回復のために努力する。きっとやり直すことはできると思います。

Q:感染管理の面白さの醍醐味とは、何処にあると思いますか。
 他の医療機関でもそうですが、皆さん、感染症対策では不安な思いをされていることが多くあります。理想の状態に近づけたいと思っても、予算、緊急性など様々な事情に頭を抱えることは多くあります。
 016.gifしかし、対策方法は工夫次第でできることもあります。そうした問題をみんなと一緒に考えて、少しでも解決に繋がれば達成感があります。
 結果によって方法を変更する、新しい知見を取り入れるなど対策に終わりがないことも大変ですが面白いところだと思います。
e0197164_09484760.jpg

Q:県立病院の他の認定看護師との連携はどうしているのでしょうか。
 他の県立病院にも感染管理認定看護師がいて、日々情報交換しています。とても頼りになる方々です。例えば、注意が必要な感染症の発生とその対応、薬品の取り扱いや機器の滅菌方法など、他の病院の現状を知ることで気づかされることが多くあります。
 他の分野の認定看護師さんとの交流もあります。皮膚・排泄ケアとは共通する部分が多く、情報を交換したり合同で研修会を行ったりしています。

Q:今後はどのようなことを目指して仕事をされようと思っていますか
 南宇和病院は郡内で唯一の総合病院であり、地域医療を担う中核病院です。感染対策でも病院内だけでなく地域全体の向上を目指して、地域の介護施設へ出前講義や宇和島保健所や南予の感染管理認定看護師と活動を行っています。地域に貢献すると共に、
 南宇和病院を地域のお手本となる病院にしていきたいです。012.gif
 060.gif私自身は、まだまだ駆け出しですので、経験を積み知識と技術をもっと向上させることと、人間性を磨いて、様々な方から頼っていただける認定看護師になりたいと思っています。

e0197164_09485985.jpg

以上、県立南宇和病院感染管理認定看護師 大石 美恵さんにお話を伺いました。
 
愛媛県公営企業管理局総務課でした。040.gif

次回もお楽しみに

by ehimeblog | 2014-12-22 15:07 | 愛媛の保健・医療・福祉

<< 愛リバー、愛ロード、愛ビーチ知... あなたも「チーム愛媛国体強化部... >>