Let’s go around SHIKOKU!!番外編~石鎚山ヒルクライム2018~

こんにちは、都市計画課です112.png

今年の5月からアップしておりました四国一周サイクリングも
高知まで辿り着き、7月から再開する予定でしたが、
予想もしない西日本豪雨で愛媛県内も大きな被害が発生。

四国一周どころではなくなり、
少しでもお役に立ちたいとボランティアに参加しましたが、
被災地の状況には驚くばかりで、一日も早い復興が願われます。


しばらく上司Iの自転車も動いてなかったのですが、
9月2日に開催された「石鎚山ヒルクライム2018」に参加したようですので
その様子をご紹介します102.png

e0197164_14503668.jpg















写真は、開会式の様子です!みきゃんも参加したようですね110.png

この大会は、平成23年の初開催から8回目となるイベントで、
今回は豪雨災害のチャリティーイベントにもなっていました。


コースは、西日本最高峰・石鎚山に挑む
総走行距離22.1km(タイム計測は上りの2区間18.4km)で、
おもごふるさとの駅(標高572m)から土小屋(標高1,492m)までの
標高差920mを駆け上る山岳タイムレースです!

↓コース概要
e0197164_14494163.jpg


↓スタート会場の雰囲気
e0197164_16211435.jpg


石鎚国定公園を走る抜群のロケーションですが、
初心者で脚力のない上司Iにとっては過酷なものだったようです150.png


昨年の記録を上回るべく、
10万円近くかけて1キロの減量を果たした愛車と
昨年から2キロ増量した体で挑みましたが、
タイムは昨年より2分近く遅く惨敗だったとのこと173.png
(2キロ増量というのが、鍛えた成果なのか食べ過ぎなのかは不明です。)


ちなみに、トップの選手は47分ちょっとだったそうですが、
上司Iのタイムはその約2倍で、約800人の中で620番台だったとか。


上り切っただけで本当にすごいと思いますが、
来年はぜひ表彰台にのぼった上司Iを見たいです104.png



レースの内容について詳しく聞いてみると、
スタート後の5kmはゆるい上りで15分足らずで通過できたようですが、
スカイラインに入ってから第1ゴールまでの6kmと第2区間の7kmは、
地面を見つめ時速10kmにも満たない速度でこぎ続けたそうです175.png


心が折れそうになる第2区間では、石鎚山ヒルクライム名物のほら貝による応援も!
素敵な音色に背中を押され、ゴールまで力を振り絞ります166.png

e0197164_14502865.jpg


そして、ついにゴール!!

e0197164_16212667.jpg


e0197164_14511124.jpg

ゴールには石鎚神社(土小屋遥拝殿)があり、
きれいな山頂の景色が広がっているそう174.png疲れが吹き飛びそうですね!


ゴールした後は少し休んでから下山です。
ブレーキをかけっぱなしで握力も弱まっていくなか、
「どこが悪かったんやろ・・・」と振り返りつつ
「来年こそは!」と上司Iは早くも1年後を見据えていたようです172.png


下山後はうどんを食べ、かわいいお土産をもらうことができます♪

e0197164_14495093.jpg
e0197164_14492873.jpg

石鎚山ヒルクライムはかなり人気の高いイベントで、
申込み開始後すぐ定員に達してしまうそうですが、
みなさんも一度挑戦してみてはいかがでしょうか?


次回開催は、2019年9月8日(日)のようですので、
ぜひチェックしてみてください106.png


以上、番外編でした。
四国一周はもう少し先になりそうですが、再開したらまたお知らせしますね178.png


by 都市計画課

by ehimeblog | 2018-10-02 11:59 | 愛媛のイベント

<< 雇用のトラブルまず相談! 9月30日(日)夜7時から放送... >>